閉じる
閉じる
閉じる
  1. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  2. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  3. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  4. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  5. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  6. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  7. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
  8. 内部統制報告制度の見直しが審議、年内に方向性が出されるそうです。
  9. Iの部に添付される監査報告書のサインを電子署名にしたらどうなる
  10. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

所得拡大促進税制の確認(その1)

平成26年税制改正によって適用要件が緩和された所得拡大促進税制ですが、税理士さん任せで全体像をよく理解していなかったので、そろそろきちんと内容を確認することとしました。

1.平成26年税制改正の概要

平成26年税制改正では、平成28年3月31日までとされていた適用期間が平成30年3月31日まで延長されています。
また、平成28年3月31日までに開始する事業年度については、適用の可否を判断する基準が緩和されています。

2.所得拡大促進税制のイメージ

かなり大雑把にいえば、一定の要件を満たせば、法人税額の10%(中小企業の場合は20%)を上限として、給与等の増加額の10%の税額控除をとることができるというものです。

3.所得拡大促進税制の適用手続

所得拡大促進税制の適用を受けようとする場合、青色申告書を提出している必要はありますが、事前の届け出は不要です。

ただし、法人税の申告の際に「雇用者給与等支給額が増加した場合の法人税額の特別控除に関する明細書」(別表六(二十))を添付する必要があります。なお、「当初申告要件」が付されているため、確定申告書等で本制度の適用を受けていない場合、修正申告や更正の請求により追加的に適用を受けることはできないという点に注意が必要です。

また、雇用者数を一定数以上増加させるなど所定の要件を満たした場合に税額控除が認められる雇用促進税制と所得拡大促進税制は併用ができません(いずれか一方の選択適用)。仮に雇用促進税制を選択しようとする場合、雇用促進税制では事前の届け出が必要であるという点にも注意が必要です。

4.適用要件

所得拡大促進税制を適用するための要件は以下のようになっています(用語の定義が分からないと理解不能ですが・・・)。以下の三つの要件をすべて満たした場合に税額控除を受けることが可能となります。

(1)雇用者給与等支給増加額の基準雇用者給与等支給額に対する割合が、以下の割合以上であること。

期間 雇用者給与等支給増加額÷基準雇用者給与等支給額
平成27年4月1日より前に開始する事業年度 2%
平成27年4月1日から平成28年3月31日までの間に開始する事業年度 3%
平成28年4月1日から平成30年3月31日までの間に開始する事業年度 5%

(2)雇用者給与等支給額が比較雇用者給与等支給額以上であること

(3)平均給与等支給額が比較平均給与等支給額を超えること

各用語の定義については”所得拡大促進税制の確認(その2)-用語の意義”で取り上げることとします。

日々成長

関連記事

  1. 自己株式取得の税務

  2. MNPによる他社への乗換えでも自動解約の可能性あり

  3. 法人税申告書勘定科目内訳明細書の作り方(その2)-仮払金・貸付金…

  4. 平成28年3月期から適用される税制改正内容を確認(その1)

  5. 建物附属設備に対する平成28年4月1日以後の資本的支出も定額法で…

  6. マイナンバー国税庁のFAQが一部改正されました-源泉所得税関係




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,283,366 アクセス
ページ上部へ戻る