閉じる
閉じる
閉じる
  1. 株主総会開催地の定款の定めは削除するのが賢明
  2. グループ通算制度の概要(その3)ー時価評価
  3. 社外取締役の在り方に関する実務指針ー社外取締役の5つの心得とは?
  4. 上場会社当における会計不正ー5年で167件は氷山の一角?
  5. グループ通算制度の概要(その2)ーみなし事業年度
  6. コロナ禍で役員給与長期未払も即、定期同額給与否定とはならず
  7. 2022年10月1日から5人以上の士業事務所も厚生年金の強制加入対象に…
  8. 会計監査人の異動は過去5年で最多の142件に-令和2年モニタリングレポ…
  9. コロナ関連のGC注記を5社が記載(経営財務誌調べ)
  10. グループ通算制度の概要(その1)-概要
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

前月に給与支払いがない従業員に対して賞与を支給した時の源泉徴収方法

賞与が支給される会社の場合、12月に賞与が支給されることが多いのではないかと思いますが、今回は賞与支給時の源泉徴収額の計算についてです。

通常の場合、賞与支給時の源泉徴収額は以下のように計算することとされています。

  1. 前月の給与から社会保険料等を差いた金額を計算する。
  2. 「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」で1.の金額と扶養親族等の数をに当てはめる税率(賞与の金額に乗ずべき率)を確認する。
  3. 「(賞与額-社会保険料等の額)×上記2.の税率」で源泉徴収すべき金額を計算します。

さて、では賞与を支給される従業員が傷病による休職や産休・育休中のため前月に給与が支給されていないようなケースではどうなるのかです。

このようなケースでは、上記とは異なる方法で源泉徴収する金額を計算することとされています。具体的には以下のように計算されます。

  1. 「(賞与額-社会保険料等の金額)÷6」の金額を計算する
  2. 1.の金額を「月額表」に当てはめて税額を求める。
  3. (2.の税額×6)で計算された金額が源泉徴収すべき金額となる。

なお、賞与の計算期間が半年を超える場合には、賞与から社会保険料等を差し引いた金額を12で除して、同じ方法で計算することとされています(タックスアンサーNo.2523)。

通常は前月の給与を使用するので、前月に給与の支給がない場合には、直近の給与を使用してしまいそうですが、上記のように計算することとされているので間違わないようにする必要があります。

関連記事

  1. 「学資金」の非課税範囲の拡大とは?-平成28年税制改正

  2. 海外からのソフトウェアの購入方法と源泉徴収の要否

  3. 法人契約の損害保険から受け取った保険金を従業員へ支払った場合の課…

  4. 未払残業の和解解決金は課税対象か?

  5. 電子証明書等特別控除の廃止-平成25年度税制改正

  6. セルフメディケーションの添付書類の見直し

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,023,406 アクセス
ページ上部へ戻る