閉じる
閉じる
閉じる
  1. 少額短期保険は生命保険料控除の対象外はなぜ?
  2. 研究開発費(試験研究費)税制における人件費の専ら要件
  3. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  4. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  5. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  6. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  7. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
  8. 東証一部上場会社の約3割がESG、SDGs等を有報で開示
  9. 株式交付(その3)-手続概要
  10. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2014年のIPOは80社予定

12月にも数多くの新規上場会社が登場していますが、経営財務3192号によれば、2014年のIPO社数は80社となるようです。

前年比では22社増で、社数の増加もさることながら、マザーズが市場別で44社で5割超となっている点が目につきます。業種別では情報・通信業が全体の3割(24社)で最多となっており、これに昨年最多であったサービス業が18社と続いています。

マザーズ以外の市場別では、JASDAQ(11社)、東証一部(10社)、東証二部(10社)となっています。いまや同じ証券取引所に属するマザーズとJASDAQですが、著しい差がついているのが現状です。

監査法人別にみると、昨年に引き続きトーマツが30社で最多となっているそうですが、上場直後に問題を起こしている会社もあるので、正直微妙な印象です。トーマツに続いては、あずさ(22社)、新日本(18社)と三大法人で70社を占めていることになります。

一時1ドル120円を超えた円も再び円安に振れ、日経平均もあっという間に1万7000円を下回る水準になってしまいました。選挙前には株高による資産効果なんて言葉も政治家の口から聞こえていましたが、選挙が終わるとこんなもの?という感じもします。

国策として上場会社を増やそうとしている感が漂っていますが、証券取引所が審査を強化する方向で検討しているというような話も聞きますので、来期も今期のような状態が継続してもらいたいですが、果たしてどうなることやら。

日々成長

関連記事

  1. 2016年上期のIPOは42社-経営財務調べ

  2. 新規上場のためのIの部と過年度遡及会計基準との関係

  3. 2011年の新規上場の状況-予定では36社

  4. 2018年のIPOは98社(TOKYO PROマーケット含む)

  5. IPOの場合は社外取締役を置くことが相当でない理由を説明すればよ…

  6. 2012年上期のIPOは17社

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,498,662 アクセス
ページ上部へ戻る