閉じる
閉じる
閉じる
  1. 株主総会開催地の定款の定めは削除するのが賢明
  2. グループ通算制度の概要(その3)ー時価評価
  3. 社外取締役の在り方に関する実務指針ー社外取締役の5つの心得とは?
  4. 上場会社当における会計不正ー5年で167件は氷山の一角?
  5. グループ通算制度の概要(その2)ーみなし事業年度
  6. コロナ禍で役員給与長期未払も即、定期同額給与否定とはならず
  7. 2022年10月1日から5人以上の士業事務所も厚生年金の強制加入対象に…
  8. 会計監査人の異動は過去5年で最多の142件に-令和2年モニタリングレポ…
  9. コロナ関連のGC注記を5社が記載(経営財務誌調べ)
  10. グループ通算制度の概要(その1)-概要
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2014年のIPOは80社予定

12月にも数多くの新規上場会社が登場していますが、経営財務3192号によれば、2014年のIPO社数は80社となるようです。

前年比では22社増で、社数の増加もさることながら、マザーズが市場別で44社で5割超となっている点が目につきます。業種別では情報・通信業が全体の3割(24社)で最多となっており、これに昨年最多であったサービス業が18社と続いています。

マザーズ以外の市場別では、JASDAQ(11社)、東証一部(10社)、東証二部(10社)となっています。いまや同じ証券取引所に属するマザーズとJASDAQですが、著しい差がついているのが現状です。

監査法人別にみると、昨年に引き続きトーマツが30社で最多となっているそうですが、上場直後に問題を起こしている会社もあるので、正直微妙な印象です。トーマツに続いては、あずさ(22社)、新日本(18社)と三大法人で70社を占めていることになります。

一時1ドル120円を超えた円も再び円安に振れ、日経平均もあっという間に1万7000円を下回る水準になってしまいました。選挙前には株高による資産効果なんて言葉も政治家の口から聞こえていましたが、選挙が終わるとこんなもの?という感じもします。

国策として上場会社を増やそうとしている感が漂っていますが、証券取引所が審査を強化する方向で検討しているというような話も聞きますので、来期も今期のような状態が継続してもらいたいですが、果たしてどうなることやら。

日々成長

関連記事

  1. IPOに向けて過去2年分の未払残業代の支払は必要か?

  2. 2019年のIPOは94社-経営財務誌調べ

  3. 2017年上期のIPOは41社-監査法人別の内訳は?

  4. IPOはツキも重要-昨年に引き続き再トライのウイングアーク1st…

  5. 2017年IPOは96社

  6. (株)アークンが今後の上場審査にもたらすかもしれないもの

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,023,408 アクセス
ページ上部へ戻る