閉じる
閉じる
閉じる
  1. 在外子会社の使用権資産のBS表示科目
  2. GoToEatキャンペーンを企業が接待で使用した場合の判定基準は?
  3. 少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象
  4. カフェテリアプランに財形メニューがあっても換金性あるとはいえず
  5. 監査基準の改訂「その他の記載内容」につき監査人の手続を明確化
  6. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役社長に…
  7. テレワーク導入費用の課税関係
  8. 法人に係る消費税の申告期限の特例-改正法の適用時期および適用手続
  9. アズ企画設計が審査請求棄却を不服として東京地裁に更正処分取消を提訴
  10. GoToトラベル-地域共通クーポン利用も全額が課税仕入
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2014年のIPOは80社予定

12月にも数多くの新規上場会社が登場していますが、経営財務3192号によれば、2014年のIPO社数は80社となるようです。

前年比では22社増で、社数の増加もさることながら、マザーズが市場別で44社で5割超となっている点が目につきます。業種別では情報・通信業が全体の3割(24社)で最多となっており、これに昨年最多であったサービス業が18社と続いています。

マザーズ以外の市場別では、JASDAQ(11社)、東証一部(10社)、東証二部(10社)となっています。いまや同じ証券取引所に属するマザーズとJASDAQですが、著しい差がついているのが現状です。

監査法人別にみると、昨年に引き続きトーマツが30社で最多となっているそうですが、上場直後に問題を起こしている会社もあるので、正直微妙な印象です。トーマツに続いては、あずさ(22社)、新日本(18社)と三大法人で70社を占めていることになります。

一時1ドル120円を超えた円も再び円安に振れ、日経平均もあっという間に1万7000円を下回る水準になってしまいました。選挙前には株高による資産効果なんて言葉も政治家の口から聞こえていましたが、選挙が終わるとこんなもの?という感じもします。

国策として上場会社を増やそうとしている感が漂っていますが、証券取引所が審査を強化する方向で検討しているというような話も聞きますので、来期も今期のような状態が継続してもらいたいですが、果たしてどうなることやら。

日々成長

関連記事

  1. IPOはツキも重要-昨年に引き続き再トライのウイングアーク1st…

  2. 従業員持株会(その2)-従業員持株会の形態

  3. 2019年上半期のIPOは42社見込み

  4. 2017年IPOは96社(続編)

  5. 2016年IPOは86社で7年ぶりの減少

  6. 従業員持株会(その1)-導入割合と奨励金の水準

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,252,073 アクセス

ページ上部へ戻る