閉じる
閉じる
閉じる
  1. 学生支援機構による「奨学金返還支援(代理返還)」は直接返済で給与課税さ…
  2. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努力義務…
  3. 株式評価損の過年度否認額を判断基準変更時に損金算入できる可能性
  4. 2021年6月開催よりバーチャルオンリー株主総会が可能に
  5. 2022年1月1日より傷病手当金の支給期間が通算化されるようになりそう…
  6. 通勤手当 一定の合理性をもって支給すれば按分計算しなくても非課税
  7. 東証一部上場企業の72.4%が英文開示を実施
  8. 改正会社法はクローバック条項導入社数を増加させるか?
  9. 実費精算の残業食事代は給与課税されるか否か
  10. コロナの影響で源泉徴収漏れが多発?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

法人がオーナーから収受した立退料は消費税の課税対象?

今回は賃借している建物等を立て替える等の理由によりオーナーから立ち退きを求められることがあります。

このようなケースでは、オーナーから立退料を収受することがありますが、法人がこのような立退料を収受した場合に消費税の取扱いはどうなるのかが今回のテーマです。

結論としては、「権利の消滅による補償金等として支払われるものであり、資産の譲渡等の対価に該当しませんから、課税の対象とはなりません」とのことです(実務家のための消費税実例回答集 税務研究会出版局 木村剛志 編)。

これは、立退料が、賃借権の消滅による補償金、立ち退きに伴う営業の一時休止等による収益補償等、移転費用等の補填といった目的が複合したものとして支払われるのが一般的であり、権利(資産)の消滅・収益補償・費用補填といずれにしても資産の譲渡等の対価に該当しないためです。

それほどあることではありませんが、課税取引としてしまうと損をするので覚えておくとよさそうです。

日々成長

関連記事

  1. 課税売上割合に準ずる割合とは?(その2)

  2. 建設仮勘定と仕入税額控除の時期(消費税)

  3. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです

  4. マイカー通勤手当と消費税

  5. 消費税引き上げに伴う経過措置-工事の請負等(その3)

  6. 消費税増税時の短期前払費用の取扱いが変更になるようです

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,706,517 アクセス
ページ上部へ戻る