閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

法人がオーナーから収受した立退料は消費税の課税対象?

今回は賃借している建物等を立て替える等の理由によりオーナーから立ち退きを求められることがあります。

このようなケースでは、オーナーから立退料を収受することがありますが、法人がこのような立退料を収受した場合に消費税の取扱いはどうなるのかが今回のテーマです。

結論としては、「権利の消滅による補償金等として支払われるものであり、資産の譲渡等の対価に該当しませんから、課税の対象とはなりません」とのことです(実務家のための消費税実例回答集 税務研究会出版局 木村剛志 編)。

これは、立退料が、賃借権の消滅による補償金、立ち退きに伴う営業の一時休止等による収益補償等、移転費用等の補填といった目的が複合したものとして支払われるのが一般的であり、権利(資産)の消滅・収益補償・費用補填といずれにしても資産の譲渡等の対価に該当しないためです。

それほどあることではありませんが、課税取引としてしまうと損をするので覚えておくとよさそうです。

日々成長

関連記事

  1. 4月1日午前0時をまたぐ場合の消費税の取扱い(その2)

  2. カタログギフトと適用消費税率

  3. 消費税10%引き上げ時の経過措置の取り扱い通達が改正

  4. 免税事業者の適格請求書発行事業者登録日で2年縛りに違いが生じる?…

  5. 平成28年度税制-支店の事業者向け電気通信利用役務の考え方が改正…

  6. インボイス制度における端数処理は何故領収単位か?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,990,170 アクセス
ページ上部へ戻る