閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

住民税の無償減資によって住民税均等割の引き下げが可能に-平成27年度税制改正

以前「減資と住民税均等割の関係」というエントリで法人住民税の均等割の税率区分の基準は、原則として法人税法上の「資本金等の額」であり、資本金で欠損填補を行っても「資本金等の額」は変わらないため、無償減資をしても住民税均等割の金額は変わらないという旨を書きましたが、平成27年度税制改正によって無償減資によって住民税均等割の額を引き下げることができる可能性があるようになりました。

これは平成27年度改正によって、均等割の税率区分の基準である「資本金等の額」から、無償減資に係る一定の欠損てん補額を減算できることとなったためです。もっとも、この裏側には利益剰余金の資本組み入れによる無償増資の場合、その増資相当額を「資本金等の額」に加算することとなったということがあります。

とはいえ、業績の悪化等によって資本金等による欠損填補を行ったのに均等割の金額が変わらないという不合理が解消できる可能性が高まったのはありがたい改正といえるのではないでしょうか。

しかしながら、無償減資であれば必ず「資本金等の額」から控除できるわけではなく、あくまで「一定の欠損てん補額」のみ減額することが認められています。無償減資の場合、具体的には以下のものを「資本金等の額」から減額することが可能とされています。

  1. 平成13年4月1日~平成18年4月30日に実施した無償減資

  2.  ・資本又は出資の減少による資本の欠損のてん補に充てた金額
     ・資本準備金による資本の欠損のてん補に充てた金額(旧商法ベース)

  3. 平成18年5月1日(会社法施行日)以後に実施した無償減資
  4.  ・資本金又は資本準備金から「その他資本剰余金」に振替えられた金額で、かつ、1年以内に損失のてん補に充てられたもの

なお、平成27年度の税制改正によるので、過去に行った無償減資に係る欠損てん補額を「資本金等の額」に反映することができるのは平成27年4月1日以後開始事業年度以降となっています。

また、この制度の適用を受けるためには申告書に均等割に係る無償減資の欠損てん補額等の内容を証する書類を添付することが必要となりますが、税務通信3358号によると「株主総会議事録、債権者に対する異議申立の公示(官報の抜粋)等」となるとのことです。

日々成長

関連記事

  1. マンション管理組合の駐車場貸出は収益事業?

  2. 為替予約等の含み益で十億超の計上漏れ?

  3. グループ法人税(その3)-譲渡損益調整資産とは?

  4. 国税庁HP「質疑応答事例」に貸倒事例が追加

  5. 消費税(その5)-個別対応方式用途区分3 国税庁Q&A

  6. 平成24年税制改正による退職所得課税の見直し




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,144,997 アクセス
ページ上部へ戻る