閉じる
閉じる
閉じる
  1. 国税庁から在宅勤務にかかる費用負担等に関すFAQが公表されました
  2. 棚卸立会もリモートで実施可能?
  3. 令和2年分の給与支払報告書は前倒しで提出したほうがよいらしい
  4. 改正会社法施行日前に取締役の報酬等の決定方針を決議する必要があるそうで…
  5. 市場区分の見直しに向けた上場制度整備-第二次改正事項が公表
  6. 2020年IPOは93社-監査法人別の社数の傾向に変動あり
  7. テレワーク勤務解除に労働契約上の根拠は必要か
  8. 2020年経営財務誌が選ぶ5大ニュースとは?
  9. スキャナ保存制度の抜本改革を確認(令和3年度税制改正大綱)
  10. 無免許運転により事故を起こした場合に健康保険は使える?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

定率法から定額法への変更傾向は変わらず?-経営財務調べ

経営財務3217号のニュースに平成26年4月期~27年2月期の会計方針の変更の調査結果が掲載されていました。

この記事によると、有形固定資産の減価償却方法を定率法から定額法への変更傾向は継続しており14件あったとのことです。以前”平成26年3月期-定率法から定額法への変更は90社(経営財務調べ)”で紹介したとおり、平成26年3月期の調査結果では、定率法から定額法への変更は90社でした。

それからすると、件数としては随分落ち着いた感じがしますが、会計方針の変更が全部で47件であったことからすると、会計方針の変更に占める割合としては依然高い位置にあるといえそうです。

平成27年3月期の会社はどうなのかと検索してみると、日本プラスト㈱、セントケア・ホールディング㈱、ダイキン工業㈱、㈱小森コーポレーション、㈱極洋、タカラバイオ㈱等13社がヒットしました。

拾い漏れているものをあるとは思いますが、平成26年3月期ほどの件数にはならないようです。

3月についてもそのうち経営財務誌等で集計が行われると思いますので、その結果をまちたいと思います。

日々成長

関連記事

  1. 「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」の改正

  2. 200%定率法が会計に与える影響

  3. 平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱…

  4. 4月(四半期)決算会社の平成28年度税制改正による減価償却方法の…

  5. IFRSでの減価償却費はやはり定額法が無難?

  6. 消費税法改正に伴う会計ソフトの修正費用の取扱いは?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,545,968 アクセス

ページ上部へ戻る