閉じる
閉じる
閉じる
  1. 入社時に有給を付与するとしつつ、試用期間中は取得を認めないという場合の…
  2. 税務当局、重加算賦課姿勢に変化?
  3. リース基準・・・参考人より日本の不動産賃貸借の特殊性に考慮が望まれると…
  4. 管理監督者に深夜割増手当を支給していないが8.9%
  5. DESを巡る税賠訴訟、高裁でも税理士法人に3億円の賠償命令
  6. 複数の業界団体から四半期開示にかかる意見書等が提出されているそうです
  7. 時価の算定に関する会計基準(その3)
  8. のれんの償却期間は基本的に10年が上限になる?
  9. 収益認識会計基準の早期適用新たに8社が開示
  10. フリンジベネフィット開示に変化の兆しがあるらしい
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

定率法から定額法への変更傾向は変わらず?-経営財務調べ

経営財務3217号のニュースに平成26年4月期~27年2月期の会計方針の変更の調査結果が掲載されていました。

この記事によると、有形固定資産の減価償却方法を定率法から定額法への変更傾向は継続しており14件あったとのことです。以前”平成26年3月期-定率法から定額法への変更は90社(経営財務調べ)”で紹介したとおり、平成26年3月期の調査結果では、定率法から定額法への変更は90社でした。

それからすると、件数としては随分落ち着いた感じがしますが、会計方針の変更が全部で47件であったことからすると、会計方針の変更に占める割合としては依然高い位置にあるといえそうです。

平成27年3月期の会社はどうなのかと検索してみると、日本プラスト㈱、セントケア・ホールディング㈱、ダイキン工業㈱、㈱小森コーポレーション、㈱極洋、タカラバイオ㈱等13社がヒットしました。

拾い漏れているものをあるとは思いますが、平成26年3月期ほどの件数にはならないようです。

3月についてもそのうち経営財務誌等で集計が行われると思いますので、その結果をまちたいと思います。

日々成長

関連記事

  1. 税制改正による定額法への変更で混乱が生じる可能性が大?

  2. 平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱…

  3. IFRSの強制適用が延期されても定額法への変更は進んでいるようで…

  4. 平成26年3月期-定率法から定額法への変更は90社(経営財務調べ…

  5. 定率法から定額法へ減価償却方法を変更する会社が急増

  6. 2017年4月から2018年2月期の会計方針の変更は29社・30…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,713,307 アクセス
ページ上部へ戻る