閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  2. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  3. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  4. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  5. カタログの「総額表示」対応
  6. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  7. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  8. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
  9. 経団連の会社法各種書類のひな形が改訂されました
  10. バーチャルオンリー型株主総会の特例等が国会へ
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

決算短信の公表に要する平均日数は39.8日

東京証券取引所は平成27年6月15日に「平成27年3月期決算短信発表状況の集計結果について」を公表しました。それによると、3月決算会社2,367社が短信公表に要した平均日数は39.8日でした。

短信公表の早期化を意図して決算短信の簡素化等が図られたことなどを踏まえると、平均が約40日というのは思った以上に大きな日数でした。

検索できる範囲で過去の推移を負ってみたところ以下のようになっていました。
平成27年3月期 39.8日
平成26年3月期 39.3日
平成25年3月期 38.4日
平成24年3月期 38.4日
平成24年3月期 39.4日

平成24年3月期の38.4日には過去最短の日数のようですので、過去5年においてはそれほど変動はしていないというのが実態のようです。むしろ平成25年3月期以降は徐々に決算発表に要する日数が長くなってきいます。無理して決算早期化を図るよりも正確な決算をという流れなのか、新基準への対応等で発表が遅くなったのかは定かではありませんが、約40日で開示すれば標準的ということで新規上場を目指すような会社では一つの目安となる日数です。

また、東証が6月19日に公表した決算短信集計結果によると、全産業合計の経常利益は以下のように推移しています。
2015-06-24_1

2009年3月期から右肩上がりで経常利益合計は増加してきていますが、おおよそ2008年3月期とほぼ同水準となっています。さて、株価が一時ITバブル時を超えたそうですが、16年3月期もこの調子を維持できるのか注目です。

日々成長

関連記事

  1. 上場直後の食中毒発生は運が悪い?-鳥貴族

  2. 会計士と株主はこの取締役候補者の略歴をどう感じるか?-日本取引所…

  3. 不適正開示件数は増加傾向-東証発表

  4. 東芝が準大手への監査法人の変更を検討しているそうですが,引き受け…

  5. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも

  6. 証券取引委員会の課徴金事例集-不正事例は読んでおくとよいのでは?…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,873,062 アクセス
ページ上部へ戻る