閉じる
閉じる
閉じる
  1. 総額表示義務特例が今年度末で期限切れ
  2. 感染対策徹底で10月以降税務調査が本格化?
  3. 「取締役の報酬等として株式を無償交付する取引に関する取扱い(案)」が公…
  4. 東証1部上場会社、指名委員会設置が5割超へ
  5. 在宅勤務手当等の支給増で所得拡大促進税制適用可となる可能性?
  6. ADワークス社-マンション販売仕入税額控除否認問題で勝訴
  7. 2020年年末調整に関係する改正事項
  8. あずさ監査法人でCPE取得に際し不正が判明したそうです
  9. 帳簿等の提示を拒み消費税約38億円の追徴事案が最高裁へ
  10. 収益認識会計基準-表示・注記事項の改正確認
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

決算短信の公表に要する平均日数は39.8日

東京証券取引所は平成27年6月15日に「平成27年3月期決算短信発表状況の集計結果について」を公表しました。それによると、3月決算会社2,367社が短信公表に要した平均日数は39.8日でした。

短信公表の早期化を意図して決算短信の簡素化等が図られたことなどを踏まえると、平均が約40日というのは思った以上に大きな日数でした。

検索できる範囲で過去の推移を負ってみたところ以下のようになっていました。
平成27年3月期 39.8日
平成26年3月期 39.3日
平成25年3月期 38.4日
平成24年3月期 38.4日
平成24年3月期 39.4日

平成24年3月期の38.4日には過去最短の日数のようですので、過去5年においてはそれほど変動はしていないというのが実態のようです。むしろ平成25年3月期以降は徐々に決算発表に要する日数が長くなってきいます。無理して決算早期化を図るよりも正確な決算をという流れなのか、新基準への対応等で発表が遅くなったのかは定かではありませんが、約40日で開示すれば標準的ということで新規上場を目指すような会社では一つの目安となる日数です。

また、東証が6月19日に公表した決算短信集計結果によると、全産業合計の経常利益は以下のように推移しています。
2015-06-24_1

2009年3月期から右肩上がりで経常利益合計は増加してきていますが、おおよそ2008年3月期とほぼ同水準となっています。さて、株価が一時ITバブル時を超えたそうですが、16年3月期もこの調子を維持できるのか注目です。

日々成長

関連記事

  1. 内部通報からの調査でゴーン氏逮捕-5年にわたり年10億円程度を過…

  2. ソニーがサイバー攻撃を原因として第3四半期報告書提出期限を延長

  3. 基準が公表されたら発行を中止する前提で有償ストック・オプションを…

  4. 「比較情報の取扱いに関する研究報告(公開草案)」が公表されました…

  5. 「1株当たり純資産額算定上の基礎」を開示することも意味がありそう…

  6. 2年目からの単体開示簡素化で表示方法の変更の記載省略(漏れ?)は…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,147,988 アクセス

ページ上部へ戻る