閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非喫煙者に限定した求人・採用の可否
  2. キャッシュレス決済ポイント還元と仕入税額控除
  3. トーマスクック社の破綻とKAM
  4. 改正項目の「事業等のリスク」、2019年3月期の早期適用は26社
  5. 証券取引等監視委員会が令和元年の「開示検査事例集」を公表
  6. 清流監査法人に業務改善命令
  7. 収益認識会計基準の注記事項等が明らかに
  8. 社有車運転中の音声をドライブレコーダーで強制的に録音することの可否
  9. 通達に従った税務処理を否認する課税処分が司法でも相次いで容認されている…
  10. ASBJ LIBOR公表停止対応で契約の条件変更とヘッジ会計に関する論…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成26年4月~平成27年2月期の開示すべき重要な不備開示は10社-経営税務調べ

経営財務3224号の記事によると、平成26年4月期~27年2月期決算の上場会社が提出した内部統制報告書において、開示すべき重要な不備があり内部統制は有効でない旨を開示していた会社は10社とのことです。

この10社のうち5社が新興市場とのことですが、開示すべき重要な不備を開示した10社は以下のとおりです。

  1. マルマン(26年9月期、JQ、清和)
  2. みんなのウェディング(26年9月期、東マ、トーマツ)
  3. ジャパンベストレスキューシステム(26年9月期、東一、トーマツ)
  4. エナリス(26年12月期、東マ、トーマツ)
  5. バリューHR(26年12月期、東二、明治)
  6. 小僧寿し(26年12月期、JQ、東陽)
  7. ジェイホールディングス(26年12月期、、JQ、清和)
  8. アゴーラ・ホスピタリティー・グループ(26年12月期、東一、KDA)
  9. クロスプラス(27年1月期、東二、トーマツ)
  10. 石井表記(27年1月期、東二、トーマツ)

上記10社で開示されている不備の内容をまとめると、実態を伴わない売上計上や不適切な株式価値評価などの「不適切な会計処理等」が6社で最も多くなっており、経理部門の人材不足等による「会計処理・表示等の誤り等」が3社と続いているとのことです。

ちなみに「経理の人材が不足している会社は、すべて新興市場上場会社だった。」とのことです。

たまたまだとは思いますが、上記の10社のうち5社の監査法人がトーマツであるというのも興味深いところです。

日々成長

関連記事

  1. 転換社債型新株予約権付社債の発行者の会計処理(日本基準)

  2. 企業内容等開示府令の改正を確認(その2)

  3. 遡及修正の累積的影響額を算定することが実務上不可能とした事例

  4. 平成30年3月期の有価証券報告書作成に係る主な改正点(その2)

  5. 後発事象ー決算発表直前に発生すると困ります

  6. 単体開示の簡素化(その1)-平成26年3月期より

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,862,418 アクセス
ページ上部へ戻る