閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年4月1日より「租税条約に関する届出書」の電子提出が可能に
  2. 算定・月変実務の変更点(2021年)
  3. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  4. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  5. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  6. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  7. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  8. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
  9. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  10. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成26年4月~平成27年2月期の開示すべき重要な不備開示は10社-経営税務調べ

経営財務3224号の記事によると、平成26年4月期~27年2月期決算の上場会社が提出した内部統制報告書において、開示すべき重要な不備があり内部統制は有効でない旨を開示していた会社は10社とのことです。

この10社のうち5社が新興市場とのことですが、開示すべき重要な不備を開示した10社は以下のとおりです。

  1. マルマン(26年9月期、JQ、清和)
  2. みんなのウェディング(26年9月期、東マ、トーマツ)
  3. ジャパンベストレスキューシステム(26年9月期、東一、トーマツ)
  4. エナリス(26年12月期、東マ、トーマツ)
  5. バリューHR(26年12月期、東二、明治)
  6. 小僧寿し(26年12月期、JQ、東陽)
  7. ジェイホールディングス(26年12月期、、JQ、清和)
  8. アゴーラ・ホスピタリティー・グループ(26年12月期、東一、KDA)
  9. クロスプラス(27年1月期、東二、トーマツ)
  10. 石井表記(27年1月期、東二、トーマツ)

上記10社で開示されている不備の内容をまとめると、実態を伴わない売上計上や不適切な株式価値評価などの「不適切な会計処理等」が6社で最も多くなっており、経理部門の人材不足等による「会計処理・表示等の誤り等」が3社と続いているとのことです。

ちなみに「経理の人材が不足している会社は、すべて新興市場上場会社だった。」とのことです。

たまたまだとは思いますが、上記の10社のうち5社の監査法人がトーマツであるというのも興味深いところです。

日々成長

関連記事

  1. 四半期開示制度について「一定の結論」はどうなった?

  2. 決算短信の業績予想開示に自由記載形式が認められました

  3. 2017年3月末から決算短信・四半期決算短信の様式が自由になるそ…

  4. 有価証券報告書等の提出期限の延長が認められるケースが明確化-企業…

  5. 上場時には社外役員の報酬は取締役と監査役に区分して記載が必要?

  6. 3月決算の単体計算書類で「企業結合に関する会計基準」の適用開始に…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,991,565 アクセス
ページ上部へ戻る