閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「会計基準選択に関する基本的な考え方」の集計結果(東証)

東京証券取引所は9月1日に2015年3月決算会社の開示内容を集計した”「会計基準の選択に関する基本的な考え方」の開示内容の分析について”を公表しました。

それによると、「基本的な考え方」において、IFRSの適用を予定している旨を記載した会社は21社で、既にIFRSを適用している会社(68社)、IFRSの適用を決定した会社(23社)を含めると全部で112社となっています。

上記の他3月決算会社以外の適用会社もあるとしても、目標は300社なので、目標とはほど遠い実績ですが、一方で「基本的な考え方」において、IFRSの適用に関する検討を実施している旨を記載した会社は194社あったとのことです。

仮に検討している会社のほとんどがIFRSを任意適用すれば目標に到達しそうですが、IFRSの適用に関する検討を実施している旨を記載した会社が必ずしも本気度が高いということではないように思いますので、やはり300社のハードルは高いといえるのではないかと思います。

上記資料には業種別のIFRS任意適用状況がまとめられていますが、業種でみると医薬品での任意適用割合が突出して高いといえます(12/62)。情報通信業も同じ12社ですが母数が361社、電機機器は18社と社数は大きいですが母数も264社となっていますので割合では医薬品に及びません。輸送機器も97社中の10社と任意適用割合が高くなっています。

反対に任意適用割合が最も低いのは建設業で164社中1社という結果になっています。

上記からすると、上場会社といえども一般的にはIFRSを適用する必要性をあまり感じていないということのようです。

日々成長

関連記事

  1. 東証決算短信の記載要領が改正(2014年11月)-会計基準選択の…

  2. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ

  3. IFRSの任意適用要件が大幅に緩和されました

  4. IFRS適用会社が42社に拡大

  5. IFRS任意適用の目標が300社というのは何故?

  6. 「会計基準選択の考え方」によるIFRS適用予定・含みは120社-…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,159,950 アクセス
ページ上部へ戻る