閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「資本剰余金」を減資とする配当をきちんと伝達されずに面倒なことになった…
  2. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた
  3. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ
  4. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  5. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  6. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  7. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  8. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  9. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  10. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「会計基準選択に関する基本的な考え方」の集計結果(東証)

東京証券取引所は9月1日に2015年3月決算会社の開示内容を集計した”「会計基準の選択に関する基本的な考え方」の開示内容の分析について”を公表しました。

それによると、「基本的な考え方」において、IFRSの適用を予定している旨を記載した会社は21社で、既にIFRSを適用している会社(68社)、IFRSの適用を決定した会社(23社)を含めると全部で112社となっています。

上記の他3月決算会社以外の適用会社もあるとしても、目標は300社なので、目標とはほど遠い実績ですが、一方で「基本的な考え方」において、IFRSの適用に関する検討を実施している旨を記載した会社は194社あったとのことです。

仮に検討している会社のほとんどがIFRSを任意適用すれば目標に到達しそうですが、IFRSの適用に関する検討を実施している旨を記載した会社が必ずしも本気度が高いということではないように思いますので、やはり300社のハードルは高いといえるのではないかと思います。

上記資料には業種別のIFRS任意適用状況がまとめられていますが、業種でみると医薬品での任意適用割合が突出して高いといえます(12/62)。情報通信業も同じ12社ですが母数が361社、電機機器は18社と社数は大きいですが母数も264社となっていますので割合では医薬品に及びません。輸送機器も97社中の10社と任意適用割合が高くなっています。

反対に任意適用割合が最も低いのは建設業で164社中1社という結果になっています。

上記からすると、上場会社といえども一般的にはIFRSを適用する必要性をあまり感じていないということのようです。

日々成長

関連記事

  1. IASBの教育文書「減価償却とIFRS」は定率法の採用に踏み切る…

  2. 財務諸表の作成及び表示に関するフレームワーク(IFRS)

  3. IFRS任意適用の目標が300社というのは何故?

  4. IFRS適用を考慮し8社が決算期変更

  5. IFRSでの減価償却費はやはり定額法が無難?

  6. SEC登録を廃止しても米国基準を継続使用できるのは・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,425,403 アクセス
ページ上部へ戻る