閉じる
閉じる
閉じる
  1. 少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象
  2. カフェテリアプランに財形メニューがあっても換金性あるとはいえず
  3. 監査基準の改訂「その他の記載内容」につき監査人の手続を明確化
  4. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役社長に…
  5. テレワーク導入費用の課税関係
  6. 法人に係る消費税の申告期限の特例-改正法の適用時期および適用手続
  7. アズ企画設計が審査請求棄却を不服として東京地裁に更正処分取消を提訴
  8. GoToトラベル-地域共通クーポン利用も全額が課税仕入
  9. GoToトラベルの経理処理ー代金全額が課税仕入れ
  10. 取締役報酬等の決定方針として決定しなければならない事項(改正会社法施行…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「労働者派遣に対する対価の会計処理及び表示について」って何だ?

会計士協会から「金融庁総務企画局からの「労働者派遣に対する対価の会計処理及び表示について」に関して」の公表というメールが送られてきました。

「労働者派遣に対する対価の会計処理及び表示について」ということで、なんだか面倒なことが要求されるようになったのかと思って内容を確認してみると・・・

「労働者派遣に対する対価の勘定科目について、例えば物件費という科目が使われている」ことがあるので、労働者派遣に対する対価の会計処理や表示を行う際に独立掲記する場合には、適切な名称(例えば「人材派遣費」など)を使用するなど、労働者の派遣を受けてその人材を活用しているという実態を適切に反映させるようにして下さいという内容でした。

なんだそんなことかという感じですが、「物件費」なんて科目で開示している会社がそもそもあったのだろうかという点が気になったので、試しに検索してみましたが労働者派遣の費用として「物件費」が使われていると思われるものは見当たりませんでした。

特定の業界における慣行なのかもしれません。普通に考えると「物件費」は選択しないと思いますが、一応注意しておきましょう。

日々成長

関連記事

  1. フェア・ディスクロージャー・ルールのポイントを確認(その2)

  2. 特別損失で計上した引当金の戻入益の表示区分は?

  3. 決算短信における業績予想開示の傾向

  4. 単体開示の簡素化-早ければ平成26年3月期より

  5. 有報等に「監査法人の継続監査機関」等の記載が必要になるようです。…

  6. ハイアス・アンド・カンパニー、過去6期の訂正財務諸表にあずさ監査…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,235,763 アクセス

ページ上部へ戻る