閉じる
閉じる
閉じる
  1. 源泉徴収推計課税の明確化などが図られる-令和2年度改正
  2. 懲戒請求に被超会社の意思確認は必要なし
  3. 2019年12月17日に上場予定のfreeeが社宅管理関連のプロダクト…
  4. 消費税の増税で顧問料等に係る源泉税の取扱いが話題に?
  5. 領収書「但し書き」が空欄に「追記」はさすがにアウト
  6. 富裕層に対する追徴税額が過去最高になったそうです
  7. 即時充当によるキャッシュレスに係る消費税の仕入税額控除の処理
  8. 帳簿の提示を拒み続け約29億円を納付
  9. 有価証券報告書の訂正報告書提出が増加傾向?
  10. デロイトトーマツコンサルティングで異常な退職引き留め?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

接待交際の50%損金算入の延長は要望されず

経済産業省の平成28年度税制改正要望が2015年8月28日付けで経済産業省のHPに掲載されていますが、大法人も対象となる接待飲食費の50%損金算入の措置については延長が要望されませんでした。

これにより、この制度については当初の期限どおり平成28年3月31日をもって廃止されることが確実視されています。一方で、同様に期限をむかえる中小法人が支出した接待交際費について800万円まで損金算入を認める措置の延長は延長が要望されています。

大企業で接待飲食費の50%損金算入を認めても接待が増えて経済成長につながるわけでもないということに気づいたのか、業績が改善しているといわれている大企業を優遇するような制度の延長に抵抗があったのかはわかりませんが、いずれにせよこの制度は3月末をもって廃止ということになるようです。

一方で経済産業省が法人実効税率の引き下げの次に掲げてるのが、”「攻めの経営」を促す役員給与等に係る税制の整備”となっています。上場企業を対象に役員給与における多様な業績連動報酬や株式報酬の導入を促進するというものですが、個人的には所得金額4000万円超で所得税率45%をなんとかした方がよいのではないかという気はします。

報酬165億円で話題となったソフトバンクのアローラ副社長は日本で納税してくれいるのでしょうか。日本の税収に貢献してくれているとよいのですが・・・

話がそれましたが、その他経済産業省の要望としては、グリーン投資減税は増えすぎた太陽光を適用除外とする一方でバイオマスを対象に追加することがあげられています。したがって、太陽光が除外になるのもほぼ確実だと言われています。

また、車両課税の抜本的見直しとして、車両取得税を消費税10%引上げ時に廃止することがあげられていますが、若者の車離れが言われているなかでワンタイムの取得税を廃止してもあまり意味はないように思います。抜本的みなおしという位であれば、自動車税を廃止するくらいのことがあって欲しいなという気はします。もともと無償化する高速道路料金をとり続けているのが税金みたいなものですから・・・

日々成長

関連記事

  1. 貸倒引当金制度の原則廃止-平成23年税制改正

  2. 年末調整の対象となる人・ならない人

  3. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控…

  4. 平成27年度税制改正による所得拡大促進税制の改正-中小企業者等

  5. 平成24年税制大綱-法人税

  6. 連結納税の税効果(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,018,258 アクセス
ページ上部へ戻る