閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  2. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  3. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  4. カタログの「総額表示」対応
  5. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  6. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  7. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
  8. 経団連の会社法各種書類のひな形が改訂されました
  9. バーチャルオンリー型株主総会の特例等が国会へ
  10. 減資による中小税制適用の否認リスクは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

定率法から定額法への減価償却方法の変更傾向はかわらずー平成27年3月期経営財務調べ

経営財務3232号に平成27年3月期決算会社で会計方針の変更を行った会社の集計結果がまとめられていました。

上記の記事によると日本基準を採用している平成27年3月決算会社2,352社のうち、142社(6%)が合計146件の会計方針の変更を開示していたとのことです。

ここ数年の傾向である定率法から定額法への有形固定資産の減価償却方法の変更は継続しており、全146件中54件が有形固定資産の減価償却方法を定額法へ変更するものであったとのことです。

件数的には新会計基準等の早期適用が63件(うち62件は企業結合に関する会計基準)と最多ですが、これは多少性質が異なり、次に件数が多いのが「収益および費用の計上基準」で8件となっていますので、減価償却方法の変更の件数が際立って多いといえそうです。

同誌の調査結果によると、定率法から定額法への変更は24年3月期50件、25年3月期70件、26年3月期90件、27年3月期54件で直近4年間で合計264件となっています。上記で調査対象となった平成27年3月決算会社が2,352社ですので、単純に考えると最近4年間で約11%の会社が減価償却方法を変更しているということになります。

変更理由としては「使用期間にわたり費用を均等配分する方法を採用することが、期間損益をより適正に算定できると判断した」などと説明した会社が多かったとされています。

何をもって期間損益をより適正に算定できるというのかは難しいところではありますが、税務上のメリットが気になるほど国内での設備投資は行う必要がないので、そうであれば定額法でもよいということなのかもしれません。

日々成長

関連記事

  1. 「包括利益の表示に関する会計基準」の改正-振当処理に係る組替調整…

  2. 税制改正に応じて定額法への変更は正当な理由による会計方針の変更で…

  3. IFRSによる有価証券報告書ー住友商事

  4. 固定資産除却損はなくなるのか?

  5. JT(日本たばこ産業)の「のれん」残高はすごい

  6. 後発事象ー決算発表直前に発生すると困ります

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,864,392 アクセス
ページ上部へ戻る