閉じる
閉じる
閉じる
  1. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
  2. IFRS任意適用会社数の伸びが鈍化
  3. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
  4. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認
  5. 採用内定後のバックグラウンド調査と内定の取消-ドリームエクスチェンジ事…
  6. 株式交付制度(その1)-制度概要など
  7. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正
  8. 役員報酬が総会決議枠を超えるミスが散見されたそうです。
  9. プライム市場への生き残りをかけた増配?-明和産業
  10. 東京地裁が示した監査法人脱退時の持分払戻額の算定方法とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成27年3月期の監査人の交代は46社

T&A master No.614に掲載されていた記事によると、平成27年3月決算会社において監査人が交代したのは46社であったとのことです。

新監査人として選任された監査人を数えてみると以下のようになっていました。

新日本有限責任監査法人 8社
有限責任あずさ監査法人 5社
至誠清新監査法人 4社
あらた監査法人 3社
有限責任監査法人トーマツ 3社
仰星監査法人 2社
監査法人A&Aパートナーズ 2社
東陽監査法人 2社
きさらぎ監査法人 2社
優成監査法人 2社
東邦監査法人 2社
三優監査法人 1社
太陽有限責任監査法人 2社
東光監査法人 1社
梅田公認会計士事務所 1社
大有ゼネラル監査法人 1社
監査法人アバンティア 1社
みかさ監査法人 1社
北摂監査法人 1社
仁智監査法人1社
アスカ監査法人 1社

一方で旧監査人を数えてみると以下のようになっていました。

有限責任監査法人トーマツ 13社
新日本有限責任監査法人 6社
清和監査法人 4社
太陽有限責任監査法人 3社
三優監査法人 2社
監査法人セントラル 2社
清新監査法人 2社
監査法人啓和会計事務所 1社
監査法人グラヴィタス 1社
監査法人和宏事務所 1社
有限責任あずさ監査法人 1社
野海公認会計士事務所/楠見公認会計士事務所 1社
清明監査法人 1社
大有ゼネラル監査法人 1社
海南監査法人 1社
監査法人双研社 1社
仰星監査法人 1社
KDA監査法人 1社
監査法人アリア 1社
仁智監査法人 1社
アーク監査法人 1社

単純にみるとトーマツが△10社と目立っています。特に興味深いところでは、ブロードメディア社では平成27年6月27日付けで有限責任監査法人トーマツが監査人に選任されたものの、監査人から6月30日付けで辞任することとなっています(新監査人は仁智監査法人)。

なお、このケースも含めて監査人の交代にあたり意見を開示した監査人はいなかったとのことです。

日々成長

関連記事

  1. 虚偽記載等の損害賠償責任が過失責任に

  2. 過年度遡及修正と申告書の添付書類

  3. 「会計不正等に対応した監査基準の検討」って本気なのか?-企業会計…

  4. 平成23年税制改正による租税特別措置法改正(その2)

  5. 「減価償却に関する当面の監査上の取扱い」の改正-200%定率法対…

  6. 監査法人のローテーション議論が再燃

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,432,456 アクセス
ページ上部へ戻る