閉じる
閉じる
閉じる
  1. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
  2. IFRS任意適用会社数の伸びが鈍化
  3. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
  4. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認
  5. 採用内定後のバックグラウンド調査と内定の取消-ドリームエクスチェンジ事…
  6. 株式交付制度(その1)-制度概要など
  7. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正
  8. 役員報酬が総会決議枠を超えるミスが散見されたそうです。
  9. プライム市場への生き残りをかけた増配?-明和産業
  10. 東京地裁が示した監査法人脱退時の持分払戻額の算定方法とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

非常勤役員への日当は損金不算入?

T&A master NO.614に”非常勤役員への日当を損金不算入と判断”という記事が掲載されていました。

ここで紹介されていた事案は、請求人が非常勤役員である理事および監事に日当として支給した金員について、損金算入が認めれられる定期同額給与に該当するかが争われたもので、結論としては、国税不服審判所は、月以下の期間を単位として規則的に継続支給されていないこと、各月の支給額が同額でないことなどを指摘し、請求人の主張が斥けられました(損金算入が認められなかった)。

事実関係としては、非常勤理事等に毎月定額の役員報酬を支給するほか、請求人の旅費規程に従って交通費(実費相当額)や日当(理事会等の出席につき6,000円、監査業務等の従事につき7,500円)を支給し、その一部を損金算入していました。これに対して税務当局は、日当が非常勤理事等に対し定期的に毎月同額で支給されているものではなく、会議等への出席の都度日当額を計算し現金で支給している点から、定期同額給与に該当しないものとして、損金不算入とする課税処分を実施したとのことです。

納税者は審査請求において、日当は月によって理事会の開催日数が変動するため支給額は必ずしも毎月一定額でないが、非常勤監事に対する定期監査時以外の支給額は毎月おおむね同額であるから定期同額給与に該当すると主張しました。

これに対して国税不服審判所は、定期同額給与について、あらかじめ定められた支給基準に基づいて、毎日、毎週、毎月のように月以下の期間を単位として規則的に反復または継続して支給され、各支給時期における支給額が同額であるものをいうのが相当であるとした上で、本件日当は理事会等への出席に関するものは開催日に支給され、監査業務に関するものは数日分がまとめて支給されていたこと、各月の支給回収が零回ないし5回と各月まちまちであったこと、定期監査のない非常勤理事に限ってみても零円ないし24,000円であったことを指摘し、定期同額給与には該当しないと結論づけたとのことです。

役員への日当が損金不算入と判断されたということで気になった記事でしたが、上記で言うところの日当は、会議への出席や監査業務に従事したことに対するもので、本来役員として行うべき業務そのものに対する対価といえそうですので、最初から役員報酬に織り込んでおくべきものと言われても致し方ないものではないかと思います。

とはいえ、労政行政研究所が実施した「国内・海外主張旅費に関する実態調査」の2014年の結果によると、役員の国内出張に対して日当を支給していると回答した会社は約7割となっています。非常勤役員が出張することはあまり多くはないかもしれませんが、定期同額給与の考え方は常勤であっても非常勤であっても変わらないと思いますので、このような日当の取扱いについても注意が必要だと考えられます。

日々成長

関連記事

  1. 税制改正の影響で交際費支出が増加?

  2. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正

  3. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大

  4. 国税庁の質疑応答事例(法人税)に13項目が追加されました

  5. 消費税(その8)-個別対応方式勘定別留意点2

  6. 平成29年度税制改正(その5)-法人税等関連(スピンオフに関する…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,432,492 アクセス
ページ上部へ戻る