閉じる
閉じる
閉じる
  1. 企業が従業員に支給するコロナ対応の見舞金は非課税の可能性
  2. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?(最終結果)
  3. 2020年3月決算会社-上場10社程度が継続会開催方針を決定
  4. フリーランス等に支払う立替経費には源泉徴収が必要というけれど・・・
  5. 雇用保険法の改正を確認(2020年改正)
  6. 役員報酬の自主返納と定期同額給与
  7. 数カ月間の役員報酬減額、戻した後の損金算入はどうなる?
  8. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?
  9. 当初総会でも前事業年度の配当可能限度額内であれば配当決議可(継続会)
  10. 賃金等請求権の消滅時効(労働基準法の改正)を確認
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

定率法から定額法への変更は過去5年で350社超

定率法から定額法への変更が多くなっているという内容は何度か取り上げていますが、経営財務3238号に”定額法への変更、5年間で350社超”という記事が掲載されていました。

同記事によると平成28年3月期決算の第1四半期決算において定率法から定額法に変更した会社は54社あったとのことです。第1四半期に減価償却方法を変更した会社の中には、オリンパス、岡村製作所などが含まれています。この他、明治ホールディングス、雪印メグミルク、ジャパンフーズ、J‐オイルミルズ、キッコーマンなど食料品の会社が比較的多く目に付きます。

変更理由については、「新規設備導入、取替更新の実施」が26社で最も多くなっており、「構造改革・投資計画・生産体制見直し」が20社でこれに続きます。

過去5年の変更件数は以下のとおりとなっています。
24年3月期 50社
24年4月期~25年2月期 8社
25年3月期 70社
25年4月期~26年2月期 19社
26年3月期 90社
26年4月期~27年2月期 14社
27年3月期 54社
28年3月期(第1四半期) 54社

上記より変更のピークは過ぎているようですが、定率法を採用するのが普通であった状況を考えると、過去5年で359社が定率法から定額法への変更を選択しているというのはすごいことだなと感じます。

法人税も下がってくると定率法による税制面でのメリットも小さくなってくるので、さらなる法人税率引き下げが検討されている以上、今後もこの流れは続くのではないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. 平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱…

  2. 連結納税(その2)-連結納税を導入するメリットは?

  3. 社外取締役を義務化って本当に意味あるのでしょうか?

  4. 四半期報告書におけるCF計算書の任意開示動向-第2四半期は開示が…

  5. IFRSにおける定率法の採用-HOYAと住友商事

  6. 英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

統計情報の取得中に問題が発生しました。後ほど、もう一度お試しください。
ページ上部へ戻る