閉じる
閉じる
閉じる
  1. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加
  2. 不動産鑑定士の鑑定評価額、相続税法上の時価と認められず
  3. 一定の短期払のがん保険も資産計上対象に
  4. 日本税理士会連合会が給与所得控除削減を求める
  5. 労働基準法上、賃金の一部または全部を外貨で支払うことは可能か?
  6. 東京都令和元年10月1日以後の外形標準課税の超過税率が決定
  7. 公認会計士等の実質的異動理由を10個例示・・・企業内容等ガイドライン
  8. 2018年4月期~2019年2月期 開示すべき重要な不備は19社
  9. 子会社設立を代表取締役に一任することはできるのか?
  10. 大企業の経理マン、土地の譲渡対価を課税売上と誤認?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成28年度税制改正でマイナンバー記載対象書類の見直しが行われるようです

T&A master NO.621に「2度目の扶養控除申告書に個人番号不要」という記事が掲載されていました。

扶養控除申告書で個人番号を収集する場合には被扶養者の本人確認でメリットがあると考えられる一方で、個人番号が記載された書類が毎年増えていき保管等が懸念されることから、扶養控除申告書には個人番号を記載しないという方法も認められるという点は以前も取り上げたところです。

しかしながら、上記の記事によれば、平成28年税制改正において、会社が管理していれば2回目以降の扶養控除等申告書への個人番号の記載は省略可能となるとのことです。

当該措置の適用は平成29年分以後の所得税からで、対象となる申告書は以下のとおりとされています。

  • 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
  • 従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書
  • 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書
  • 退職所得の受給に関する申告書(退職所得申告)
  • また、個人番号を記載することによる本人確認手続き等の増加を踏まえ、税務関係書類のうち申告等の主たる手続きと併せて提出されることが想定される以下のよう書類については、個人番号の記載を不要とする見直しが行われるとのことです。

  • 所得税の青色申告承認申請書
  • 所得税の棚卸資産の評価方法の届出書
  • 消費税簡易課税制度の選択届出書
  • 相続税延納・物納申請書
  • 納税の猶予申告書
  • 個人的にはあまり影響がないと感じるものもありますが、個人番号を記載しなければならないものが少しでも減ってくれるのは実務の点からはありがたいことですので、記載不要なものはどんどん記載不要とする見直しが実施されることを切望します。

    日々成長

    関連記事

    1. 厚生年金基金の改革案は、なんだかおかしな気がするのは私だけ?

    2. そろそろ確定申告の期限です

    3. ブラックバイトを巡る初の訴訟の第1回口頭弁論が開催されました

    4. 通勤手当非課税限度額の上乗せ特例の廃止-平成23年改正

    5. 税理士事務所の事業承継にあたり営業権の対価が争われた事案

    6. 更正の請求範囲の拡大

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    カテゴリー



    ブログ統計情報

    • 8,252,197 アクセス
    ページ上部へ戻る