閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「資本剰余金」を減資とする配当をきちんと伝達されずに面倒なことになった…
  2. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた
  3. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ
  4. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  5. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  6. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  7. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  8. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  9. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  10. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成28年税制改正による税効果注記は法律名に要注意

今回は3月決算会社における平成28年税制改正に伴う税効果の注記についてです。

平成28年3月14日に公表された「税効果会計に適用する税率に関する適用指針」により従来の公布日基準から成立日基準へと変更されたことにより、前期とは表現が少し異なることとなります。

まずは、宝印刷とプロネクサスの記載例を確認してみます。

記載例1(宝印刷)

3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正
「所得税法等の一部を改正する法律」及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」が平成28年3月29日に国会で成立したことに伴い、当連結会計年度の繰延税金資産及び繰延税金負債の計算(ただし、平成28年4月1日以降解消されるものに限る)に使用した法定実効税率は、前連結会計年度の32.2%から、回収又は支払が見込まれる期間が平成28年4月1日から平成30年3月31日までのものは30.9%、平成30年4月1日以降のものについては30.6%にそれぞれ変更されております。
その結果、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)がXX百万円減少し、当連結会計年度に計上された法人税等調整額がXX百万円、その他有価証券評価差額金がXX百万円、退職給付に係る調整累計額が△XX百万円それぞれ増加しております。

記載例2(プロネクサス)

3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正
「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」(平成28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する連結会計年度から法人税率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は従来の33.1%から平成28年4月1日に開始する連結会計年度及び平成29年4月1日に開始する連結会計年度に解消が見込まれる一時差異については30.9%に、平成30年4月1日に開始する連結会計年度以降に解消が見込まれる一時差異については、30.6%となります。
この税率変更により、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)は88百万円減少し、法人税等調整額が266百万円、その他有価証券評価差額金が181百万円、繰延ヘッジ損益が1百万円、それぞれ増加し、退職給付に係る調整累計額が4百万円減少しております。
また、再評価に係る繰延税金負債は43百万円減少し、土地再評価差額金が同額増加しております。

どちらの記載例をベースに注記を作成するかは好みの問題だと思われますが、特に注意が必要なのは法律名です

平成27年度税制改正時の注記では「地方税法等の一部を改正する法律」でしたが、平成28年3月29日に成立したのは「地方税法等の一部を改正する等の法律」となっています。

前期の注記をベースに、公布から成立という部分に注意が向いているとうっかり見過ごしてしまいかねませんので注意が必要です。プロネクサスの記載例では追補版で上記の法律名の修正が行われていますので、特に注意が必要です。

日々成長

関連記事

  1. 「会計基準の選択に関する基本的な考え方」の記載事例が登場

  2. 平成27年3月期の有報から女性役員の人数開示義務化が決定

  3. 上期損失・通期利益の場合の見積実効税率は?

  4. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加

  5. 計算書類における会計方針の変更の注記の1株当たり情報の取扱いは?…

  6. 震災関連の寄付金は特別損失?

コメント

  1. 平成28年3月28日に成立・・とあるのは、29日に成立のようです。

      • MAK
      • 2016年 6月 14日

      ご指摘ありがとうございました。
      「平成28年3月28日に成立したのは・・・」を「平成28年3月29日に成立したのは・・・」に修正させて頂きました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,425,403 アクセス
ページ上部へ戻る