閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

返金伝票綴りで過怠税-「判取帳」って何?(印紙税)

T&A master No.642に”返金伝票綴りは印紙税の対象、過怠税めぐり企業側敗訴”という記事が掲載されていました。

結論として、裁判所は「返品伝票綴り」が1冊4,000円の「判取帳」に該当すると判断したとのことです。

判取帳? なんだそれは?

と、改めて印紙税を確認してみると、第20号文書に「判取帳」なるものが確かに存在していました。「印紙税 取扱いの手引き(公益財団法人 納税協会連合会)」によると、「判取帳」は、2以上の取引先から代金の受領事実の付込証明を受けるための帳簿」と解説されます。

「付込証明」・・・。自分の国語力のなさが情けなくなってきますが、「付込証明」とはなんなんだと調べてみると、どうやら「記載内容の証明」という程度の意味のようです。

さて、ようやく基本的な内容が理解できたところで、上記の記事で取り上げられていた事案の内容を確認していくこととします。

この事案で問題となったのは3枚1組の複写式のお客様返金伝が100組綴られている冊子形態のもので、返品等を受け付けたときに3枚複写のうち事務所控(2枚目)、商品添付用(3枚名)を切り離し、売場控(1枚目)のみが伝票の綴りに残るようなものであったとのことです。

そして、裁判所は、伝票綴りの冊子の表紙には綴られた100枚の伝票の連続番号の範囲等が記載されていること、お客様返金伝票の1枚目は切り離されずに保管・管理されていたこと等を踏まえ、お客様返品伝票(売場控)のみが残された伝票綴りは1冊の冊子として物理的な存在形態の一体性が認められることから、その伝票綴り全体をもって「一の文書」に該当すると判断したとのことです。

その上で、伝票の文書自体の形式・内容のほか、使用方法および使用実態の諸点からみて、伝票綴りは複数の顧客から金銭の受領の事実につき付込証明を受ける目的で作成されたものであると認定し、「2以上の取引先から代金の受領事実の付込証明を受ける目的で作成」されたものであるとし、伝票綴りは店舗で多数回発生する商取引に関して金銭の受領事実という課税事実を継続的または連続的に記載証明する目的で作成された「帳簿」であると判断したしたとのことです。

以上から、当該企業は3年間で保有していた270冊の伝票綴りに対して過怠税324万円の課税処分をおこなった税務当局の処分は適法と判断されたとのことです。

「付込証明」となるものなので、返金を受けた顧客の受領印や受領サインがなされていたと推測されますが、仮にサイン部分は複写でなく、サインがある部分が事務所控として切り離されるようなタイプであったら結論は変わっていたのかもしれません。

時代に逆行している税目だとは思うものの、問題となった場合に大きな課税が生じる可能性もあるので無視もできないのが歯がゆいところです。

関連記事

  1. 馬券収入-最高裁判決以上の利益をあげるも雑所得と認められず

  2. 外形標準課税(その5)ー付加価値割(純支払利子その1)

  3. 平成27年度税制改正-自治体によっては法人税割の不均一課税にも影…

  4. 200%定率法も平成24年4月1日以降取得分から適用開始

  5. 会社役員賠償責任保険と費用負担

  6. 収益認識に関する会計基準と法人税法上の取扱い(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,800,854 アクセス
ページ上部へ戻る