閉じる
閉じる
閉じる
  1. ESG指標に連動するPSUの一部を損金算入した事例
  2. 国を跨ぐリモートワークの給与課税等取扱いの整理
  3. 株式の非上場化・非公開化をめぐる裁判ー株主の請求を棄却
  4. 会社未公表の情報がKAMに記載された早期適用事例は、ほとんどなしー「監…
  5. 在外子会社の使用権資産のBS表示科目
  6. GoToEatキャンペーンを企業が接待で使用した場合の判定基準は?
  7. 少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象
  8. カフェテリアプランに財形メニューがあっても換金性あるとはいえず
  9. 監査基準の改訂「その他の記載内容」につき監査人の手続を明確化
  10. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役社長に…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

住宅ローンを借り換えてみました-下手な運用よりも効果は大きい?

先週長期金利が過去最低記録を更新し、-0.155%を記録したそうです。

マイナス金利が導入されて以降、住宅ローンの金利もかなり大きく低下しています。変動金利で住宅ローンを組んでいる方は半年もすれば何もせずとも適用金利が低下しますが、固定金利を選択しているとそうもいきません。

期間35年の住宅ローンを固定金利2.5%程度で借りた当時は、十分に低い金利で、あとは金利が上昇して貨幣価値が下落すれば借金が実質的に目減りしてラッキーくらいに思っていましたが、今の金利でみると35年固定でも1.2%程度で借入が可能となっています。

返済期間がまだ25年以上も残っている中で、金利が1%以上低下するのであれば、借り換えを実行した方が得策だというのは直感的に理解できます。

金融電卓を使って支払総額を自分で計算してみることも当然できますが、各銀行のサイトに用意されているシュミレーションのページなどを利用して節約できる金額を試算することができます。

例えば新生銀行のサイトを利用して借入残高2,500万円、ローンの残存期間20年、現在のローン金利2.5%であった場合に、現在の適用金利20年固定1.1%で借り換えたとして影響額を計算してみると、金利部分で約390万円の削減が可能となります。
karikae
ローン残高の水準、現在の金利との水準、返済期間によって節約できる額は大きくなったり小さくなったりしますので、実際に自分の条件で計算してみるということをおすすめします。

ただし、借り換えにあたり登記費用等は別途必要となりますので、実際の削減額は上記の金額よりも小さくなります。

というわけで、借り換えをしようと、まずはダメ元で住宅ローンを借りていたソニー銀行に借り換えの申込をしてみました。もし、同じ銀行で借り換えが可能であれば抵当権の登記費用とかかからないかなという淡い期待がありました。

が、当然のごとく、借り換えは他行からの借り換えのお客様に限りますとの連絡があり、それでは他行で借り換えするしかないと借り換え先を探すことにしました。

同じ銀行で借り換えを認めるわけないだろと思ったかもしれませんが(私もダメだと思っていましたが)、同じ銀行での借り換えを認めているケースも出てきているようですので、とりあえずダメ元で聞いてみるというのはアリだと思います。もっとも、どうせ借り換えるのであれば金利や手数料を勘案して、最も有利な銀行を選択したほうがよいですが・・・

以前検討した候補がソニー銀行、新生銀行、住金SBIネット銀行だったのですが、現在の金利をみてもやはり固定金利で考えるのであればこの三行が選択肢となるというのは変わりないようでした。

ソニー銀行は選択肢からはずれたので、新生銀行か住金SBIネット銀行で検討しましたが、見かけ上、住金SBIネット銀行の金利は低いものの借り換え時の事務手数料が融資金額の2.16%となっており、初期費用を考えるとそれほどメリットはないと判断し、新生銀行のローンを選択しました。

無事借り換え審査を通過し、当初20年固定、1.1%というアホみたいな低金利で借り換えを実行し、返済総額で300万円以上の節約が可能となりました。登記簿、住民票や印鑑証明を取りにいったり、住宅購入時の書類をコピーしたりと若干手間はかかりましたが、こんなもんで300万円以上のメリットがあるのであれば何回やってもよいという程度のものでした。

最大の問題は銀行の審査に通過するかどうかではありますが、とりあえずシュミレーションをして、削減可能な金額を確認してみれば、やる気になるかもしれません。感じ方はひとそれぞれですが、思っているほど手間はかからないのではないかと思います。

関連記事

  1. <林原>事業再生ADRを申請 巨額投資が経営を圧迫

  2. トヨタ自動車の株主総会発行が可決された新型株式とは?

  3. 2011年の新規上場の状況-予定では36社

  4. 2012年中国経済は減速する?

  5. 日産自動車の配当利回りは4.62%

  6. 就職難で公認会計士受験者が激減が金融庁の誤算だそうですが・・・

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,278,102 アクセス

ページ上部へ戻る