閉じる
閉じる
閉じる
  1. キャッシュレスポイント還元事業で国に賠償命令が下されたそうです
  2. 株式交付(その4)-株式交付計画の記載事項
  3. 短期退職手当等Q&Aでポイントを確認
  4. 少額短期保険は生命保険料控除の対象外はなぜ?
  5. 研究開発費(試験研究費)税制における人件費の専ら要件
  6. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  7. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  8. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  9. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  10. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「カジノ調査」をトーマツが激安落札って、いくらだろう?

FACTAの2016年7月号に”トーマツが「カジノ調査」激安落札”という記事が掲載されていました。

記事で取り上げられていたのは、横浜市が公募した「IR(統合型リゾート)等新たな戦略的都市づくり検討調査(その2)報告書」です。要は、カジノを目玉とした観光施設で、カジノの誘致を検討している横浜が、導入の可否を判断するための調査報告書です。

「その2」というくらいなので「その1」があったのかと、横浜市のホームページを確認してみると、平成26年5月に入札が行われており、入札の結果、「株式会社日本経済研究所」が570万円で落札していました。ちなみに、この入札にはトーマツは参加していなかったようですが、プライスウォーターハウスクーパース株式会社が750万円で入札に参加していました。

では「IR(統合型リゾート)等新たな戦略的都市づくり検討調査(その2)報告書」を有限責任監査法人トーマツがいくらで落札したのかですが、落札額は5万7240円でした。ちなみに新日本有限責任監査法人と有限責任あずさ監査法人も入札に参加しており、新日本有限責任監査法人は285万円、有限責任あずさ監査法人は360万円で入札していました。

有限責任監査法人トーマツの入札金額は他の2法人と2桁ことなりますが、5万円という区切りのよい金額ではなく、5万7240円というあたりできちんと考えた感を漂わせています。実際、上記の記事によると”本誌の取材に対して、トーマツは「(落札額は)社内ルールに従って算出している」と答えた”とのことです。

実際にできあがった報告書はこちら(横浜市のHP)で確認できますが、全175ページに及ぶ報告書となっています。デロイトは世界の大手カジノ12社のうち半数の監査業務を担当しているとのことで、カジノに関する情報を収集しやすいため他の法人よりも安く受注できるという側面はあるようです。

ちなみに14年度のに東京都が発注したカジノ市場調査もトーマツは9万7000円で落札したという実績があります。横浜市の報告書をざっとみても、横浜特有の部分はそれほど多くないようなので、他で作った資料のコピペで安くできるというのも理解できます。

納税者という立場からすれば、入札額は安い方がよいとは思いますが、それにしてもこれはやり過ぎでしょう。この価格でいいなら、カジノを誘致したら良さそうな都市毎に勝手にレポート作って公開しておけばよいのになと思います。

仕事はきちんとやるけど報酬はいらないということであれば、監査報酬も安くしてもらえるといいんですが・・・

関連記事

  1. 増税なき復興債発行の可否について(その1)

  2. 日本全体でのCAGRを計算してみた。

  3. 3月決算会社の1Qで売上が増加した2業種とは?

  4. 尖閣で世界の目、例によって冷淡-日経ビジネスオンラインより

  5. スウェーデンの高福祉・高競争力経済について

  6. 2011年危機(その2)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,510,442 アクセス
ページ上部へ戻る