閉じる
閉じる
閉じる
  1. 18監査事務所が会計士資格を誤表記で有報訂正が必要らしい
  2. 内部統制新基準が2025年3月期より適用に(公開草案)
  3. デューデリジェンス(DD)費用の税務上の取り扱い
  4. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  5. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  6. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  7. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  8. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  9. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  10. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

外貨建前払費用の期末換算は必要?

今回は外貨建前払費用と外貨建前受収益の期末換算についてです。

特に難しく考える必要はないのですが、外貨建取引実務指針において、外貨による前渡金・前受金及びこれらに係る外貨建取引高の換算(25項、26項)、外貨建未収収益及び未払費用の換算(27項)が取り上げられている一方で、外貨建前払費用や外貨建前受収益については何ら触れられていないので少し迷うことがあるようです。

外貨建取引等会計処理基準(以下「外貨建取引基準」)では外貨建取引の決算時の処理を以下のように定めています。

外国通貨、外貨建金銭債権債務、外貨建有価証券及び外貨建デリバティブ取引等の金融商品については、決算時において、原則として、次の処理を行う。ただし、外貨建金銭債権債務と為替予約等との関係が金融商品に係る会計基準における「ヘッジ会計の要件」を充たしている場合には、当該外貨建金銭債権債務等についてヘッジ会計を適用することができる。(外貨建取引基準一2(1))

そして「外貨建金銭債権債務(外貨預金を含む。以下同じ。)」については以下のとおり定められています。

外貨建金銭債権債務については、決算時の為替相場による円換算額を付する。ただし、外貨建自社発行社債のうち転換請求期間満了前の転換社債(転換請求の可能性がないと認められるものを除く。)については、発行時の為替相場による円換算額を付する。(外貨建取引基準一2(1)②)

これらを前提にしたうえで、実務指針では外貨建未収収益及び未払費用について以下のように述べられています。

外貨建未収収益及び未払費用は、為替換算上、外貨建金銭債権債務に準ずるものとして扱う。(実務指針27項)

つまり、未払費用も未収収益も本質的には会計のテクニック上設けられている経過勘定項目であり、本来外貨建金銭債権債務ではないところ、外貨建金銭債権債務に準じて取り扱うものとされているにすぎません。未払費用および未収収益が外貨建金銭債権債務に準じて取り扱われるのは、期日が到来した時点で外貨建金銭債権債務となるためとされています。

したがって、外貨建前払費用・前受収益については、特段の定めがありませんので原則どおり経過勘定項目として換算は不要という判断となります。既に支払ったり受け取ったりしている金額が変動するわけではないという意味では前渡金や前受金と類似しているので、同様の取扱になるのもリーズナブルといえます。

きちんと理解すれば迷うことはないのかもしれませんが、実務に資するという意味では、実務指針上も簡単に言及しておいてくれればいいのになという感じはします。

関連記事

  1. 「退職給付に関する会計基準(企業会計基準第26号)」の公表(その…

  2. 会社法計算書類の経団連ひな形の改正

  3. リース資産の表示科目

  4. 分割計画書に記載しなければならない事項は(その1)?

  5. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に

  6. ソフトウェアの有姿除却(会計)




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,878,441 アクセス
ページ上部へ戻る