閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

粉飾決算の事後処理にかかる費用はいくらくらい?

T&A masterのNo.654に”粉飾による課徴金巡り役員に賠償命じる”という記事が掲載されていました。

この記事で取り上げられていたのは、「有価証券報告書の虚偽記載等により課徴金を課されたクラウドゲート社が粉飾取引に関与した元取締役会長に対し、課徴金・第三者調査委員会に対する報酬・決算訂正に関する監査法人費用等の損害を被ったと主張して、会社法423条1項(役員等の株式会社に対する損害賠償責任)等に基づき損害賠償を請求した事件」です。

結果的には、元取締役会長が一部敗訴となっています(東京地裁平成28年3月28日)。

こんな粉飾あったかなと同社のHPを確認してみると2011年12月に「第三者調査委員会報告書の受領に関するお知らせ」というリリースが開示されていました。

この第三者委員会の報告書において、11の取引に伴う会計処理は不適切又は適切性に疑問が残ると報告されたことをうけ、同社はこの11の取引の会計処理を訂正し過年度の有価証券報告書等の訂正報告を提出したとのことです。

この記事で興味深かったのは、損害賠償請求にあたり粉飾決算に関連して必要となった費用の金額が明らかにされていた点です。

まず、第三者調査委員会(弁護士2名、会計士1名)に対する報酬は約2,200万円とされています。当時の第三者委員会の報告書によると、調査対象は以下のとおりとなっています。
① 平成 18 年 12 月期~平成 22 年 12 月期 個別財務諸表
② 平成 19 年 12 月期~平成 20 年 12 月期 連結財務諸表
③ 平成 21 年 12 月期~平成 22 年 12 月期 四半期財務諸表

かつ、調査対象となった取引は「クラウドゲートの規模等に鑑み、取引高(売上高、仕入高、経費)が 10 百万円以上のものを抽出して、検証した。」とされています。また、委員会設置から報告書の提出までの期間は約2か月となっています。

当時の有報によると平成22年12月期の監査報酬が1,000万円なので、複数期にわたるとはいえ、率直な感想としては結構高いと感じます。この規模で約2,200万円かかったのだとすると東芝の第三者委員会はいくらくらいかかったのかも気になります。

次に決算訂正に関する監査法人費用が約3,700万円とされています。平成19年1月に札幌アンビシャスに上場し、平成20年12月に早々、会計監査人を新日本監査法人から聖橋監査法人(現:明治アーク監査法人)に変更しています。

さらに訂正の有価証券報告書の監査を行っているのは監査法人ハイビスカスとなっています。同監査法人が複数年分の監査をやり直した結果が約3,700万円ということのようです。

これだけで約6,000万円の費用がかかっていますが、同社の場合はさらに金融庁の課徴金納付命令により課徴金5,000万円の支払が生じていますので、結果的に1億1000万円程度の費用が発生したということになります。

同社の場合は、さらに上場廃止という処分が下されており金銭以外のダメージも大きいといえます(同社は現在も存続しているようですが)。

上場廃止になるほどでなくとも、第三者調査委員会等を設置して調査することとなると、少なくとも監査報酬1年分くらいの費用は覚悟する必要がありそうですので、そのような事態を招くことがないように注意しましょう。

関連記事

  1. 米国の会計監査人在任期間100年超が3社

  2. 「比較情報の取扱いに関する研究報告(公開草案)」が公表されました…

  3. 平成24年3月期遡及修正の開示例ーその他

  4. 監査・レビュー未了の報告書をEDINETに提出で監査人交代

  5. 在外子会社の使用権資産のBS表示科目

  6. コーポレートガバナンスコードとは?-(その2)




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,158,204 アクセス
ページ上部へ戻る