閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  2. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  3. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  4. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  5. カタログの「総額表示」対応
  6. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  7. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  8. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
  9. 経団連の会社法各種書類のひな形が改訂されました
  10. バーチャルオンリー型株主総会の特例等が国会へ
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Wordの不思議(その1)-広すぎる行間が縮まらないのは何故?

個人的にWordはExcelに比べて使用頻度が低く熟達度が低いだけなのかもしれませんが、いざWordで文書を作成しようとすると、Wordの挙動が理解できずにイライラすることがあります。

例えば、ネット上の文章をWordに貼り付けた場合に以下のような状態になることがあります(以下の画像の文章は「インストラクターのネタ帳」から借用させていただきました)。

word1_gyou1

行間が異常に広すぎます。文字サイズが13.5ポイントと大きいのでとりあえず10.5ポイントに修正しても以下のように行間が広すぎるのは同じです。というより、むしろさらに行間がいびつな感じになってしいます。

word1_gyou2

得意ではないものの、段落ダイアログから行間の調整ができるという程度の知識は持っているので、そこを修正すればいいのだろうと思って段落ダイアログを開いてみると以下のようになっています。

word1_gyoukan3

行間が2行とか1.5行とかになっているのであれば理解できますが、行間1行でこの状態になっています。それで、試行錯誤が始まります。例えば行間を「最小値 12pt」にしてみても全く変化はありません。

一方で「固定値12pt」にすると以下のように行間が詰まります。

word1_gyoukan4

というわけで、なんとなく解決できてしまったので、何故そうなるのかがよくわからないままになってしまうことが多いのではないかと思うのですが、Wordを理解するために原因を確認してみることとしました。

そこで、グリッド線を表示(Word2013だと表示タブの「グリッド線」にチェック」してみると以下のようになっていることが確認できました。

word1_gyoukan5
固定ページ:

1

2

関連記事

  1. 知らなかった便利な関数-SUMIFS関数

  2. グローバルデータでレンタルしたデータ通信機器を韓国で使用してみた…

  3. Excel利用時のこのマウス操作は常識?

  4. 従業員に対して緊急連絡用に親族等の連絡先の提供を求めることはでき…

  5. ノートPC増設メモリ末尾の”/E”は何だ?

  6. Excelの使い方を改めて確認してみた(その3)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,872,303 アクセス
ページ上部へ戻る