閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Wordの不思議(その1)-広すぎる行間が縮まらないのは何故?

個人的にWordはExcelに比べて使用頻度が低く熟達度が低いだけなのかもしれませんが、いざWordで文書を作成しようとすると、Wordの挙動が理解できずにイライラすることがあります。

例えば、ネット上の文章をWordに貼り付けた場合に以下のような状態になることがあります(以下の画像の文章は「インストラクターのネタ帳」から借用させていただきました)。

word1_gyou1

行間が異常に広すぎます。文字サイズが13.5ポイントと大きいのでとりあえず10.5ポイントに修正しても以下のように行間が広すぎるのは同じです。というより、むしろさらに行間がいびつな感じになってしいます。

word1_gyou2

得意ではないものの、段落ダイアログから行間の調整ができるという程度の知識は持っているので、そこを修正すればいいのだろうと思って段落ダイアログを開いてみると以下のようになっています。

word1_gyoukan3

行間が2行とか1.5行とかになっているのであれば理解できますが、行間1行でこの状態になっています。それで、試行錯誤が始まります。例えば行間を「最小値 12pt」にしてみても全く変化はありません。

一方で「固定値12pt」にすると以下のように行間が詰まります。

word1_gyoukan4

というわけで、なんとなく解決できてしまったので、何故そうなるのかがよくわからないままになってしまうことが多いのではないかと思うのですが、Wordを理解するために原因を確認してみることとしました。

そこで、グリッド線を表示(Word2013だと表示タブの「グリッド線」にチェック」してみると以下のようになっていることが確認できました。

word1_gyoukan5
固定ページ:

1

2

関連記事

  1. HLOOKUP関数って何?-知っていると便利かも

  2. Cloudfoggerを利用してみる-外部ストレージのファイルの…

  3. Word文書をPDF化するなら「Microsoft Print …

  4. Wordの不思議(その4)-オートフォーマットの不思議

  5. Windows7でマルチモニタを使う-モニタが余っていれば効率的…

  6. キングジムのSHOT NOTEは使えるか?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,159,528 アクセス
ページ上部へ戻る