閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Wordの不思議(その3)-網掛けが思い通りにいかないのは何故?

今回はWordの不思議(その3)として、タイトル行などの網掛けについて取り上げます。

Wordで文書を作成していると、タイトル行などを目立つようにハイライトしたいことがあります。例えば、以下のような感じでタイトル行をハイライトしようとしたとします。

word3_1

Wordが得意な人は難なくできるのでしょうが、私のようにそれほどWordに精通していない場合には、とりあえず行をドラッグして以下のボタンのどちらかを押してみるのではないでしょうか?

Word3_2

そして思ったような結果が得られないことで、あれ?となってしまうのではないかと思います。ハイライトしたい行をドラッグして、上の画像の左側のハイライトボタンを押してみると、以下のような感じでハイライトできますが、行全体ではなく文字がある部分しかハイライトされません。

Word3_3

そして、以下のような対応をしてしまうこともあるかもしれません。

Word3_4

つまり上記のように、ひたすらスペースを入れてハイライトを伸ばしていくという方法です。同じような結果は得られるのですが、この方法の場合、選択できる色が原色系のどぎつい色に限られるというデメリットがあります。

では、どうするかですが、以下のボタンの矢印を押して表示されるメニューから「線種とページ罫線の網掛けの設定」→「網掛け」タブから背景の色を選択肢、OKボタンをクリックする必要があります。

Word3_5

Word3_6

Word3_7

ところが、ここにも一つ落とし穴があります。上記の手順で網掛けを行っても以下のような結果が表示されてしまうことがあります。

Word3_8

ここでのポイントは、網掛けしたい部分をドラッグするときに改段落記号までを含んでいるか否かによって結果が異なるということです。つまり、改段落記号まで選択した場合には冒頭のような網掛けになるのに対して、文字部分だけを選択した場合には上記のような結果となってしまいます。

改段落記号まで選択した場合、よく見ると「網掛け」タブの右下に表示される設定対象が「段落」となっていることが確認できます。一方で文字部分だけを選択した場合には、ここが「文字」となっています。

Word3_9

改段落記号まで選択するか否かで、表示される結果が全く異なってしまうので、なぜこのようになるのかがよくわからないということが起こりえます。

ここで再度、ボタンの配置を確認してみるとハイライトボタンは「フォント」群に配置されているのに対して、罫線ボタンは「段落」群に配置されていることに気づきます。

Word3_10

ハイライトボタンは「フォント」(文字)に対して適用されるものであると理解すれば、このボタンをいくら押してみても、段落全体に網掛けがなされないというのは当然だということがわかります。

逆にいうと段落単位で何かをしたければ、「段落」群にあるボタンを選択すると覚えておくと良さそうです。

関連記事

  1. ネットワーク対応ハードディスク

  2. 格安(年間1000円程度)で独自ドメインのメールアドレスを取得す…

  3. Windows7のProfessionalからUltimateへ…

  4. 従業員に対して緊急連絡用に親族等の連絡先の提供を求めることはでき…

  5. イーモバイルLTEとD41HW(42Mbps)は実際どれくらい違…

  6. HLOOKUP関数って何?-知っていると便利かも




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,158,204 アクセス
ページ上部へ戻る