閉じる
閉じる
閉じる
  1. エフオーアイの粉飾決算をめぐる主幹事証券の責任ー最高裁で弁論が開催
  2. 近年の有報提出における添付漏れの傾向-経営財務誌調べ
  3. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  4. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  5. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  6. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  7. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  8. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  9. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  10. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Wordの不思議(その3)-網掛けが思い通りにいかないのは何故?

今回はWordの不思議(その3)として、タイトル行などの網掛けについて取り上げます。

Wordで文書を作成していると、タイトル行などを目立つようにハイライトしたいことがあります。例えば、以下のような感じでタイトル行をハイライトしようとしたとします。

word3_1

Wordが得意な人は難なくできるのでしょうが、私のようにそれほどWordに精通していない場合には、とりあえず行をドラッグして以下のボタンのどちらかを押してみるのではないでしょうか?

Word3_2

そして思ったような結果が得られないことで、あれ?となってしまうのではないかと思います。ハイライトしたい行をドラッグして、上の画像の左側のハイライトボタンを押してみると、以下のような感じでハイライトできますが、行全体ではなく文字がある部分しかハイライトされません。

Word3_3

そして、以下のような対応をしてしまうこともあるかもしれません。

Word3_4

つまり上記のように、ひたすらスペースを入れてハイライトを伸ばしていくという方法です。同じような結果は得られるのですが、この方法の場合、選択できる色が原色系のどぎつい色に限られるというデメリットがあります。

では、どうするかですが、以下のボタンの矢印を押して表示されるメニューから「線種とページ罫線の網掛けの設定」→「網掛け」タブから背景の色を選択肢、OKボタンをクリックする必要があります。

Word3_5

Word3_6

Word3_7

ところが、ここにも一つ落とし穴があります。上記の手順で網掛けを行っても以下のような結果が表示されてしまうことがあります。

Word3_8

ここでのポイントは、網掛けしたい部分をドラッグするときに改段落記号までを含んでいるか否かによって結果が異なるということです。つまり、改段落記号まで選択した場合には冒頭のような網掛けになるのに対して、文字部分だけを選択した場合には上記のような結果となってしまいます。

改段落記号まで選択した場合、よく見ると「網掛け」タブの右下に表示される設定対象が「段落」となっていることが確認できます。一方で文字部分だけを選択した場合には、ここが「文字」となっています。

Word3_9

改段落記号まで選択するか否かで、表示される結果が全く異なってしまうので、なぜこのようになるのかがよくわからないということが起こりえます。

ここで再度、ボタンの配置を確認してみるとハイライトボタンは「フォント」群に配置されているのに対して、罫線ボタンは「段落」群に配置されていることに気づきます。

Word3_10

ハイライトボタンは「フォント」(文字)に対して適用されるものであると理解すれば、このボタンをいくら押してみても、段落全体に網掛けがなされないというのは当然だということがわかります。

逆にいうと段落単位で何かをしたければ、「段落」群にあるボタンを選択すると覚えておくと良さそうです。

関連記事

  1. Excelの使い方を改めて確認してみた(その6)

  2. イーモバイルLTEとD41HW(42Mbps)は実際どれくらい違…

  3. ようやく解決-Buffalo ネットワーク対応HDD(NAS)へ…

  4. 「地頭力を鍛える」-問題解決に活かす「フェルミ推定」 

  5. 「はてなブックマーク」とは?

  6. グローバルデータでレンタルしたデータ通信機器を韓国で使用してみた…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,397,086 アクセス

ページ上部へ戻る