閉じる
閉じる
閉じる
  1. 18監査事務所が会計士資格を誤表記で有報訂正が必要らしい
  2. 内部統制新基準が2025年3月期より適用に(公開草案)
  3. デューデリジェンス(DD)費用の税務上の取り扱い
  4. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  5. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  6. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  7. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  8. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  9. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  10. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会計帳簿閲覧権の対象となる「会計帳簿又はこれに関する資料」は資料毎に判断

会社法433条において、議決権の3%以上の株式を保有する株主は、株式会社の営業時間内、いつでも以下の請求をすることができるとされています。ただし、該請求の理由を明らかにしてしなければならないとされています。

  1. 会計帳簿又はこれに関する資料が書面をもって作成されているときは、当該書面の閲覧又は謄写の請求
  2. 会計帳簿又はこれに関する資料が電磁的記録をもって作成されているときは、当該電磁的記録に記録された事項を法務省令で定める方法により表示したものの閲覧又は謄写の請求

いわゆる会計帳簿閲覧権と言われるものですが、この少数株主権をめぐる興味深い判例(東京高裁平成28年9月8日)がT&A master No.661で取り上げられていました。

紹介されていた事案は、「被告会社の発行株式を約3.1%保有する原告株主(法人)が被告会社に対して、会社法433条1項に基づき「会計帳簿又はこれに関する資料」として、賃貸業を営む被告会社が所有しているビル・倉庫・駐車場に関する賃貸借契約書などの閲覧謄写を請求していた事件」とされています。

この対象会社が上場会社であるかどうか、およびこのような請求を行った理由については述べられていませんが、約3.1%の株式を保有するというあたりからすると、少数株主件を行使しようと3%以上の株式を取得したということなのかもしれません。

この株主からの請求に対し、会社(被告会社)は、賃貸借契約書のうち「会計帳簿又はこれに関する資料」に該当するのは、「賃料額」、「賃料の支払いについての約定」、「預かり保証金額」及び「預かり保証金の返還ないし償却についての約定」に関する部分のみに限られると主張したとのことです。

理由は、上記以外の部分は会計帳簿の作成に利用していないからというものです。

会社の主張通りであれば、関係ない部分はすべて黒塗り等に加工した契約書を閲覧させることになるのではないかと思いますが、残念ながら裁判所はこの考え方を斥けました。

東京地裁は、”会計帳簿又はこれに関する資料」に該当するか否かは原則として資料ごとに判断すべきであり、1つの資料のうち「会計帳簿又はこれに関する資料」に該当する部分とそうでない部分を分けて閲覧謄写を認めるかどうかを判断することは想定されていない”とし、会社に対して株主に賃貸借契約を閲覧謄写させるように会社に命じていました。

そして今回の東京高裁の判決においても、賃貸借契約書についてその一部のみの閲覧謄写を認めるべき事情はうかがわれないとして東京地裁の判決が支持されました。

会計帳簿の作成に無関係に事柄まで閲覧等請求の対象となるのは制度の趣旨に合わないという会社の主張も理解できなくはありませんが、会社が関係ないとしている部分に本来正しく処理すべき事項が含まれている可能性もありえるのも事実です。

不正な目的等で会計帳簿の閲覧を請求された場合、会社はこのような請求を拒むことができるとされている以上(会社法433条2項)、少数株主が自らの権利を適切に行使する上では、その判断を会社に行わせるというのはやはり問題があると考えられますので、裁判所の判断は妥当だと考えます。

関連記事

  1. 会計限定監査役に対する責任を問う最高裁判決が下されました

  2. 総会決議のない退職慰労金

  3. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がない…

  4. 役員退職慰労金が内規の額を下回った場合、差額を請求することはでき…

  5. 当初総会でも前事業年度の配当可能限度額内であれば配当決議可(継続…

  6. 会計帳簿閲覧権の対象となる会計帳簿はどこまで?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,882,555 アクセス
ページ上部へ戻る