閉じる
閉じる
閉じる
  1. 消費税総額表示義務の確認(2021年4月1日以降)
  2. 学生支援機構による「奨学金返還支援(代理返還)」は直接返済で給与課税さ…
  3. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努力義務…
  4. 株式評価損の過年度否認額を判断基準変更時に損金算入できる可能性
  5. 2021年6月開催よりバーチャルオンリー株主総会が可能に
  6. 2022年1月1日より傷病手当金の支給期間が通算化されるようになりそう…
  7. 通勤手当 一定の合理性をもって支給すれば按分計算しなくても非課税
  8. 東証一部上場企業の72.4%が英文開示を実施
  9. 改正会社法はクローバック条項導入社数を増加させるか?
  10. 実費精算の残業食事代は給与課税されるか否か
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

1Q・3Qで「当社業績に関する一部報道について」をリリースしたモバイルファクトリーの情報管理体制って・・・

適時開示ネタが続きますが、本日(10月19日)、東証マザーズに上場しているモバイルファクトリーが「当社業績に関する一部報道について」という適時開示を行いました。

短いリリースなので本文を引用すると以下のように記載されています。

平成 28 年 10 月 19 日(水)付けの日本経済新聞におきまして、当社グループの平成 28 年 12 月期第3四半期の連結業績に関して、売上高が前年同期比 19%増の 15 億円弱、営業利益が同約2倍の4億 6,000 万円前後と報じられましたが、当社が発表したものではございません。
連結業績については、コンテンツサービス及びスマートノベルの売上高は減少も、位置情報連動型ゲームの売上高は「ステーションメモリーズ!」が堅調に推移したため、概ね報道された金額に近い業績を見込んでおりますが、現在精査中であります。
なお、平成 28 年 12 月期第3四半期の連結業績につきましては、平成 28 年 10 月 20 日(木)13 時に発表を予定しております。

(㈱モバイルファクトリー 2016年10月19日 「当社業績に関する一部報道について」より抜粋)

決算発表が明日であることからすると、数値もほぼ固まっている状態のはずで、会社が発表した数値でないものの、概ねその通りだということを認めた内容となっています。

このような報道がなされること自体はそれほど珍しいことではありませんが、同社の場合、今年4月にも「当社業績に関する一部報道について」という適時開示を行っています。

4月の開示内容は以下の通りです。

平成 28 年4月 16 日(土)付けの日本経済新聞におきまして、当社グループの平成 28 年 12 月期第1四半期の業績に関して、前年同期比 2.2 倍の1億 5,000 万円前後と報じられましたが、当社が発表したものではございません。
業績については、コンテンツサービス及びスマートノベルの売上高は減少も、位置情報連動型ゲームの売上高は「ステーションメモリーズ!」が堅調に推移したため、概ね報道された金額に近い業績を見込んでおりますが、現在精査中であります。
なお、平成 28 年 12 月期第1四半期の連結業績につきましては、平成 28 年4月 22 日(金)13 時に発表を予定しております。

(㈱モバイルファクトリー 2016年04月18日 「当社業績に関する一部報道について」より抜粋)

こちらは既に実績が開示されているので、4月22日に開示された決算短信を確認してみると営業利益、経常利益ともに151百万円となっており、ほぼ報道通りの数値となっていることがわかりました。

1Qも3Qも共通するのは、会社の業績が好調であるということで、いずれも日経新聞で報道されているということですが、気になるのは、会社が情報をわざと情報をリークしているのか、あるいは単に情報管理が甘いだけなのかという点です。

いずれにしてもインサイダー取引が問題となってもおかしくありませんので、取引所も何らかの対応が必要となるのかもしれません。Yahoo!ファイナンスで午前中の株価の推移をみると以下のように、取引開始直後の株価は大きく上昇しているのが確認できます。

yahoo
(出典:ヤフーファイナンス)

インサイダー取引で捕まる人がでなければよいですが、この他、同社が仮に1部への指定替えを検討する場合には、この辺の情報管理体制が厳しく審査されることになるのかもしれません。

関連記事

  1. 減資を行った場合の株主資本等変動計算書の記載方法

  2. 会社法計算書類の経団連ひな形が改正されました

  3. コーポレートガバナンスコードとは?-(その3)

  4. 損害賠償によりGC注記-KIホールディングス

  5. 監査法人の継続監査期間開示、早期適用は83社

  6. コロナ関連のGC注記を5社が記載(経営財務誌調べ)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,718,117 アクセス
ページ上部へ戻る