閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2020年のIPOは13年ぶりの高水準
  2. 国税庁から在宅勤務にかかる費用負担等に関すFAQが公表されました
  3. 棚卸立会もリモートで実施可能?
  4. 令和2年分の給与支払報告書は前倒しで提出したほうがよいらしい
  5. 改正会社法施行日前に取締役の報酬等の決定方針を決議する必要があるそうで…
  6. 市場区分の見直しに向けた上場制度整備-第二次改正事項が公表
  7. 2020年IPOは93社-監査法人別の社数の傾向に変動あり
  8. テレワーク勤務解除に労働契約上の根拠は必要か
  9. 2020年経営財務誌が選ぶ5大ニュースとは?
  10. スキャナ保存制度の抜本改革を確認(令和3年度税制改正大綱)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

総会決議のない退職慰労金

T&A master No.668に「総会決議のない退職慰労金の返還を命じる」という記事が掲載されていました。

個人的にそれはそうだろうと感じましたが、記事の内容を確認してみると、この事案(東京地裁平成28年8月19日判決)は、定款に退職金の定めがないにもかかわらず株主総会を開催せずに約4億円の退職慰労金を受領したと主張して、会社が元代表取締役に退職慰労金の一部(1億円)の返還を請求したというものでした。

全額ではなく一部なの?という感じですが、会社としては3億円なら妥当だと考えるが、4億円はもらいすぎだから1億円は返還せよということなのだと推測されます。この事案において、当該代表取締役は、過去、株主総会が開催されたことはなかったなどとして、会社が退職慰労金の返還を求めることは信義則に反し権利濫用として許されないと主張したとされています。これに対して「裁判所は、当該退職慰労金の支給に当たりその金額の定めは原告会社の定款になく、また株主総会の決議も経ていなかったことから、本件退職慰労金の支給は法律上の原因を欠き原則として不当利得となると指摘(最判平成21年12月18日参照)」し、当該元代表取締役が慰労金支給当時に株主でなかったこと、退職慰労金の支給につき利害関係人であったことに照らせば、会社の運営が代表取締役に一任されており、株主総会の開催実績がないような事情があっても、そのような事情を権利濫用の評価根拠とみることはできないとして、代表取締役に1億円の返還を命じる判決を下したとのことです。

会社が請求したのが1億円の返還なので、裁判所は残りの3億円も返還しろとは言わないわけですが、残りの3億円についても、上記の裁判所の判断から明らかなように本来は支給要件を欠いています。

「会社法による役員報酬・賞与・慰労金の実務Q&A―法令・書式・判例のすべて」(小林公明 著)でも、役員退職慰労金の成立要件は以下の三つとされています。

  1. 会社と役員の間の慰労金に関する特約
  2. 役員の退任
  3. 定款又は株主総会決議による慰労金額の決定

上記の事案では会社が元代表取締役に対して支給額の一部返還を請求していますが、仮に株主の誰かが株主代表訴訟として4億円の支給が無効だという訴えを起こしたとすると全額の返還が必要ということも考えられます。この会社は同族会社とされていますので、そのような可能性は低いと考えられるものの、現に1億円だけは返還を求める請求がなされているので可能性はゼロではありません。

株主数が限られる同族会社の株主総会は、形式的なもの(あるいは書面だけのもの)である可能性は高いですが、そうはいっても、株主総会決議があるのかないのかによって、結論は大きく異なりうるので、特にこのような金額が大きな事案の場合は、面倒であってもきちんとした手続きを取るようにすべきだと考えられます。

関連記事

  1. 収益認識会計基準対応で会社計算規則の改正が公布

  2. 監査役会非設置会社で複数の監査役がいる場合の監査報告書は1枚?

  3. 決算公告はいつまでに行わなければならない?-決算日後約5カ月後は…

  4. 「取締役会等の企業の意思決定機関において定められた結果に従う」の…

  5. ユニチャームが監査等委員会設置会社へ定款変更

  6. 株主総会開催を決算日後4ヵ月以内とする事例がでてきました

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,551,539 アクセス

ページ上部へ戻る