閉じる
閉じる
閉じる
  1. 監査報酬は6年連続増加傾向-2020年版上場企業監査人・監査報酬実態調…
  2. 休業手当は給与課税、休業補償は非課税
  3. スチュワードシップ・コードの再改訂内容を確認
  4. 3月決算6月末申告でも一定の対応で利子税が免除になるそうです
  5. 企業が従業員に支給するコロナ対応の見舞金は非課税の可能性
  6. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?(最終結果)
  7. 2020年3月決算会社-上場10社程度が継続会開催方針を決定
  8. フリーランス等に支払う立替経費には源泉徴収が必要というけれど・・・
  9. 雇用保険法の改正を確認(2020年改正)
  10. 役員報酬の自主返納と定期同額給与
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成29年度労働保険料の年度更新の注意点

既に処理済みの会社も多いと思いますが、平成29年度の労働保険の年度更新期限まで残りわずかとなりました。

昨年は曜日の関係で7月11日が期限でしたが、2017年は原則通り7月10日(月)が申告期限となっています。保険料の納付を失念すると、年9.1%の延滞金が徴収されますので注意が必要です(この他10%の追徴金が課せられることもあります)。

平成29年度の改正点は?

今年度の改正点の一つ目は、雇用保険料率の改正です。労働者負担分、事業主負担分共に1/1,000ずつ引き下げられ、一般事業の雇用保険料率は9/1,000(昨年は11/1,000)となりました。

昨日(平成29年7月3日)に日本商工会議所が公表した”「人手不足等への対応に関する調査」集計結果”では、人員の過不足状況について2,776社中1,682社(60.6%)が「不足している」と回答しており、このような状況からすると雇用保険料率が引き下げられたのも納得です。

今年度の改正の二つ目は、高年齢労働者の取扱いです。ただし、保険料の徴収という観点からは平成32年度から影響するため、今回の年度更新では実質的に変更はありません。

これは平成29年1月1日以降、65歳以上の労働者を「高年齢被保険者」として雇用保険の適用対象となることとなりました。ただし、上記の通り、保険料の徴収は平成31年度まで免除されることとされています。

したがって、今年度の年度更新については、従来どおり4月1日時点で満64歳以上の被保険者(昭和28年4月1日までに生まれた人で短期雇用特例被保険者及び日雇労働被保険者を除く)については、雇用保険料が免除されることとなります。

変更点に注意して、期限内にきちんと申告を行いましょう。

関連記事

  1. メンタルサポートを充実させると業績がよくなるか?-メンタルサポー…

  2. 平成27年度雇用保険料率は前年据え置きに

  3. 「21世紀のキャリア論」-高橋俊介著

  4. 従業員退職時の競合避止合意-代替措置なく3年は公序良俗違反で無効…

  5. 高福祉=幸せか?(世界一幸せな国デンマークについて)

  6. 大震災・電力不足を乗り切る労務管理と助成金-ビジネスガイド増刊号…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,792,815 アクセス
ページ上部へ戻る