閉じる
閉じる
閉じる
  1. 消費税総額表示義務の確認(2021年4月1日以降)
  2. 学生支援機構による「奨学金返還支援(代理返還)」は直接返済で給与課税さ…
  3. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努力義務…
  4. 株式評価損の過年度否認額を判断基準変更時に損金算入できる可能性
  5. 2021年6月開催よりバーチャルオンリー株主総会が可能に
  6. 2022年1月1日より傷病手当金の支給期間が通算化されるようになりそう…
  7. 通勤手当 一定の合理性をもって支給すれば按分計算しなくても非課税
  8. 東証一部上場企業の72.4%が英文開示を実施
  9. 改正会社法はクローバック条項導入社数を増加させるか?
  10. 実費精算の残業食事代は給与課税されるか否か
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成29年度労働保険料の年度更新の注意点

既に処理済みの会社も多いと思いますが、平成29年度の労働保険の年度更新期限まで残りわずかとなりました。

昨年は曜日の関係で7月11日が期限でしたが、2017年は原則通り7月10日(月)が申告期限となっています。保険料の納付を失念すると、年9.1%の延滞金が徴収されますので注意が必要です(この他10%の追徴金が課せられることもあります)。

平成29年度の改正点は?

今年度の改正点の一つ目は、雇用保険料率の改正です。労働者負担分、事業主負担分共に1/1,000ずつ引き下げられ、一般事業の雇用保険料率は9/1,000(昨年は11/1,000)となりました。

昨日(平成29年7月3日)に日本商工会議所が公表した”「人手不足等への対応に関する調査」集計結果”では、人員の過不足状況について2,776社中1,682社(60.6%)が「不足している」と回答しており、このような状況からすると雇用保険料率が引き下げられたのも納得です。

今年度の改正の二つ目は、高年齢労働者の取扱いです。ただし、保険料の徴収という観点からは平成32年度から影響するため、今回の年度更新では実質的に変更はありません。

これは平成29年1月1日以降、65歳以上の労働者を「高年齢被保険者」として雇用保険の適用対象となることとなりました。ただし、上記の通り、保険料の徴収は平成31年度まで免除されることとされています。

したがって、今年度の年度更新については、従来どおり4月1日時点で満64歳以上の被保険者(昭和28年4月1日までに生まれた人で短期雇用特例被保険者及び日雇労働被保険者を除く)については、雇用保険料が免除されることとなります。

変更点に注意して、期限内にきちんと申告を行いましょう。

関連記事

  1. 労働関係助成金の生産性要件が改正されました

  2. 労働基準法上、賃金の一部または全部を外貨で支払うことは可能か?

  3. 「定額残業代」の支給は「手当方式」と「組み込み方式」のいずれを採…

  4. 残業80時間超の情報、産業医に提供してますか?

  5. 2015年度の初任給水準調査-労務行政研究所調べ

  6. 申請されたら無断欠勤を有給休暇として処理しなければならないか?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,720,365 アクセス
ページ上部へ戻る