閉じる
閉じる
閉じる
  1. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加
  2. 不動産鑑定士の鑑定評価額、相続税法上の時価と認められず
  3. 一定の短期払のがん保険も資産計上対象に
  4. 日本税理士会連合会が給与所得控除削減を求める
  5. 労働基準法上、賃金の一部または全部を外貨で支払うことは可能か?
  6. 東京都令和元年10月1日以後の外形標準課税の超過税率が決定
  7. 公認会計士等の実質的異動理由を10個例示・・・企業内容等ガイドライン
  8. 2018年4月期~2019年2月期 開示すべき重要な不備は19社
  9. 子会社設立を代表取締役に一任することはできるのか?
  10. 大企業の経理マン、土地の譲渡対価を課税売上と誤認?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2017年IPOは96社(続編)

昨年暮れに”2017年IPOは96社”で2017年のIPOは96社になった旨を記載しましたが、経営財務3342号の「IPOは96件 前年より10件増加」という記事で、業種別や監査法人別の集計結果が掲載されていたの続編として取り上げることしました。

市場別の上場推移は前回も記載しましたが、ある程度まとめて集計していたので、より詳細に2017年の市場別の上場企業数を記載すると以下のようになっています。

東証一部 11社
東証二部 8社
名証二部 1社
JASDAQ  18社
マザーズ 49社
TOKYO PRO 7社(過去最多)
札幌アンビシャス 2社

業種別では以下のとおりとのことです。

サービス業 26社
情報・通信 23社
小売業   9社
卸売業   7社
不動産業  7社
電気機器  5社
その他   19社

情報・通信行で顕著なのはAIなど最先端技術を活用する会社と述べられています。例としてAIなどのアルゴリズムソリューションを提供するPKSHA Technology(マザーズ)、AI搭載のレジを開発したサインポスト(マザーズ)が取り上げられていました。

2017年9月22日に上場したPKSHA Technologyは公募価格2400円に対して本日の終値が15360円、2017年11月21日に上場したサインポストは公募価格2200円に対して本日の終値が17070円といずれもものすごい値上がりを見せています。

IPOの抽選であたった人がうらやましいですが、前者のPERは約523倍、後者のPERは約190倍と、期待の高さがうかがえます。仮にPKSHA TechnologyのAIが自社の株の売買を判断するとしたらどうなるのだろうなんてことも考えてしまいます・・

IPO96社を監査法人別に集計すると、トーマツが29社でトップとなっており、新日本が25社、あずさが15社と続いているとのことです。経営財務の記事では7割超が四大法人とタイトルがついていますが、PWCあらたは2社で上記3法人とは大きく差がついてます。あらたは東芝を始め、既存の大きなところをとっているので、おそらくIPOとかやっている余裕はないのだろなと想像されます。一方で、太陽は6社と実績を伸ばしています。

最近はIPOで監査を新規で受けてもらうのが大変(あるいは費用がえらく高い)という話も聞こえてきますので、こういっては失礼ですが大手よりも太陽あたりの中堅が狙い目なのかもしれません。

監査証明がない限り上場はできませんので、このような状況が2~3年後の上場社数にどの程度影響するのか(そもそもの株式市場の状況もありますが)、経過を見守りたいと思います。

関連記事

  1. 従業員持株会(その2)-従業員持株会の形態

  2. 2018年のIPOは98社(TOKYO PROマーケット含む)

  3. 従業員持株会(その3)-退会時の買取価格は?

  4. 事業等のリスクに長時間労働を掲げても上場審査はパスできる?

  5. 2012年のIPO社数は46社になりそうです。

  6. IPO時の特別情報が不要に!-金融庁、内閣府令の改正案を公表

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,252,202 アクセス
ページ上部へ戻る