閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Word2016の翻訳機能は使える?

MSのOffice製品は業務上日常的に使用していますが、その割に使ったことがない機能が多々あるのは当然のこと、そもそもそんな機能があったんだと気づいていないものも多くあるのではないかと思います。

そのような機能の一つが「翻訳」の機能です。今回はWordの翻訳機能を取り上げていますが、PowerPointやExcelにも搭載されています。

Word2016では「校閲」タブの中に以下のような「翻訳」のアイコンが表示されています。

個人的には幾度となく目にしていた画面のはずですが、ボタンをクリックして使用してみることが今まで一度もなかった機能の一つですが、先日とあるセミナーでWord2016では翻訳機能が進化しているという説明およびデモを拝見し、これは意外に使えるのかもしれないと認識した次第です。

翻訳ボタンをクリックすると、以下のような画面が表示されます。

「ドキュメントの翻訳」をクリックすると、そのドキュメントの内容全てが翻訳され、翻訳済みのコピーファイルが作成されます。

例えば、上の一文をWordに貼り付けて英語に翻訳してみると以下のような翻訳結果が返ってきました。

When you click Translate document, all the contents of the document are translated and the translated copy files are created.

上記の翻訳結果をどうとらえるかは、人それぞれだと思いますが、個人的には組織内で使うのであれば、使った方が一からあれこれ考えて英文にするよりも作業の効率化が図れる気がします。

日本語では主語が省略されることがありますが、主語が補われて翻訳されるというのはなかなかすごいなと感じます。

ちなみに翻訳言語は英語に限らず様々な言語が選択できるので、例えば、上記と同じ日本語をフランス語に翻訳してみると以下のような結果となりました。

Lorsque vous cliquez sur traduire document, tout le contenu du document est traduit et les fichiers de copie traduits sont créés.

フランス語は全く分からないので翻訳結果がどういったレベルのものであるかはさっぱり分かりませんが、外国人雇用が増えていると言われている中で、外国人の従業員に母国語で何かを文書で説明したいといった場合に使えるかもしれません。

翻訳機能のメニューのうち「選択範囲の翻訳」をクリックすると、以下のような画面が表示されます。

この画面では、日本語の表現を修正して、修正後の日本語に対応した翻訳結果を得ることができます。例えば、上記の日本文を「ドキュメントの翻訳ボタンをクリックすると、そのドキュメントの内容全てが英語に翻訳され、翻訳済みのコピーファイルが自動的に作成されます。」と変更してみると、英文が直ちに「When you click the Translate Document button, all the contents of the document are translated into English and the translated copy files are automatically created.」と修正され、「挿入」ボタンをクリックすると対象となった部分の日本語が英語に置き換わります。

この機能を使うと、日本語を調整することでより妥当な翻訳結果が得られるようになる可能性があります。翻訳の癖がわかれば、日本語を上手く調整することができるようになるのではないかと思います。

もちろん英文を日本語にすることもできますので、色々試しにやってみるということをおすすめします。

関連記事

  1. 書籍のPDF化-Scansnap S1500+PK513L

  2. Excelの使い方を改めて確認してみた(その6)

  3. 従業員に対して緊急連絡用に親族等の連絡先の提供を求めることはでき…

  4. Acronis True Image Home 2010(バック…

  5. FastStone Capture

  6. 人気ブロガーの記録術―すべてを記録する方法とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,798,924 アクセス
ページ上部へ戻る