閉じる
閉じる
閉じる
  1. 短期前払費用特例適用の留意点
  2. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  3. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  4. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  5. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
  6. 社会保険等で引き続き押印が必要な手続きは何?
  7. 2020年4月~2021年6月に61社が減資関連の適時開示を実施
  8. 電子取引制度-Excel台帳でも検索要件を満たせるようです
  9. 低解約返戻保険等の改正所得税改正通達が公表されました
  10. 中小企業経営資源集約化税制、DDが適用要件
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

QRコード利用の納付が可能に

消費税増税時の還元策などに関連してキャッシュレス決済が報道等で最近頻繁に取り上げられていることもあり、2019年1月から「QRコードを利用したコンビニ納付」が導入されるという税務通信3536号の記事を目にして勝手にキャッシュレス化を連想しましたが・・・。

従来からコンビニでの現金納付は可能となっていますが、「自宅等で申告書を作成した場合には、納付書の取得のために税務署の窓口に出向く必要」がありました。これが、2019年1月4日からは「自宅等において納付に必要な情報をQRコード化し、これをコンビニ備付けのキオスク端末で読み取らせることにより納付書を出力し、この納付書を添えて税額相当額をコンビニのレジで納付できる」ようになるとのことです。

したがって、平成最後の確定申告から利用可能となります。ただし、「従来のコンビニ納付と同様に,納付できる金額は30万円以下であり、納付は現金に限られている(クレジットカードや電子マネーによる納付は不可)」とされています。

というわけで、単に納付書を窓口に取りに行かなくてもよくなるというだけで、キャッシュレスとは無関係でしたが、一部の納税者の方の利便性は高まると考えられます。

なお、「QRコードによる納付を行った後、納付済みの納税証明書の発行が可能となるまで3週間程度かかる場合があるため(払込金受領証は納付の際に発行)、利用の際には注意が必要だ」と注意点も述べられています。

個人的にはすべての税金についてクレジットカード払いが可能になって、かつ、手数料が安くなればそれが一番ありがたいと思っていますが、実現可能性は低そうです。

関連記事

  1. 従業員不正による損害賠償金の計上時期

  2. オリンパス株を減損したら、減損損失は損金算入できる?

  3. 東日本大震災からの復興及びB型肝炎対策の財源確保のために行う税制…

  4. 決算賞与の損金算入―賃金規程にも注意!

  5. 消費税(その14)-課税売上割合に準ずる割合

  6. 「平成23年12月改正 法人の減価償却の改正に関するQ&A」が国…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,283,588 アクセス
ページ上部へ戻る