閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  2. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  3. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  4. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  5. 四半期開示は結局どうなる?
  6. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  7. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  8. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  9. 任意の会計監査人
  10. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

税理士に対する資料不提示で秘匿認定

T&A master No.771に「税理士に対する資料不提示で秘匿認定」という記事が掲載されていました。

これは税理士に対して賃料収入に関する資料を提示しなかった納税者に対する重加算税を適法と判断した(東京地裁 平成30年6月29日確定)という事案に関するものです。

重加算税は「納税者がその国税の課税標準等又は税額等の計算の基礎となるべき事実の全部又は一部を隠ぺいし、又は仮装」していることが賦課要件とされています。

この事案において、東京地裁は以下の解釈を示したとのことです。

税理士に対する所得の秘匿が「過少申告の意図を外部からもうかがい得る特段の行動」に当たるか否かについて、納税者が特定の所得を申告すべきことを熟知しながら確定的な脱税の意思に基づき、所得のあることを税理士に対して秘匿し、所得に係る資料も提供することなく税理士に過少な申告を記載した確定申告書を作成させてこれを提出したと認められる限り、税理士に対する所得の秘匿は「過少申告の意図を外部からもうかがい得る特段の行動」を構成すると解される

資料を提示しなかったという事実が、「特定の所得を申告すべきことを熟知しながら確定的な脱税の意思に基づ」くものであるかが問題となるわけですが、この事案では「納税者が土地建物に係る賃貸人を自己名義とせずにあえて母親名義とした点について、賃料収入の事実を税理士に伝えなかったことと相まって、賃料収入を秘匿し所得を過少に申告する意図に基づくものと推認される」とし、「過少申告の意図を外部からもうかがい得る特段の行動」にあたるとして重加算税の賦課決定処分は適法と地裁は判断したとのことです。

関連記事

  1. 2016年6月に日台租税条約が発効していました-繰延税金負債の計…

  2. 馬券払戻金の課税者訴訟で納税者勝訴-5年で72億円購入って・・・…

  3. 法人税法上、短期前払費用の適用を受けたことによる消費税差額は損金…

  4. 税務調査による追徴と過年度遡及修正の関係

  5. 100%子会社株式の評価損に対する税効果(グループ法人税)

  6. 不正の発見は税務顧問契約の善管注意義務の対象か




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,909,673 アクセス
ページ上部へ戻る