閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  2. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  3. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  4. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  5. 四半期開示は結局どうなる?
  6. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  7. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  8. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  9. 任意の会計監査人
  10. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2018年IPO会社の監査報酬動向など

2018年のIPOは90社となりました。2018年12月18日付けの日経新聞の記事では91社となっていましたが、レオスキャピタルの上場が突如中止となったため、結果的には2017年の90社と同数となっています。

社数は増加していないものの、上記記事によれば、資金調達額は約2,100億円と2017年の2.3倍に拡大したとのことです。とはいえ、「18年に上場した企業のうち、上場時の調達額(オーバアロットメント含まず)が10億円未満の企業が7割を占め」ている(日経ヴェリタス2019年1月6日号)とされ、2018年はメルカリ(544.8億円)、ワールド(430.7億円)、MTG(342.2億円)という調達額が大きなIPOが3社あったため前年比で調達額が大きく増加したということのようです。

2018年に新規上場した90社の売上高、経常利益(IFRSの場合は営業利益)、総資産額、監査報酬等は以下のとおりです(各社Iの部から作成)。

市場別に集計すると、マザーズが63社と圧倒的に多く、JASDAQスタンダード14社、1部7社、2部6社と続いています。

監査法人別に集計すると、新日本が30社、あずさ25社、トーマツ21社、太陽5社、その他9社となっています。

監査報酬部分だけを抜きだすと以下の様になっています。

マザーズに上場した会社のみを抽出して、監査報酬の単純平均を計算してみると、直前々期は959万円、直前期は1357万円となっています。会社の状況はそれぞれ異なるので単純平均して比べても意味はないかもしれませんが、2016年のマザーズ上場企業の監査報酬の単純平均値を計算してみたところ直前々期が653万円、直前期が961万円となっていました。

2018年マザーズ上場企業63社から直前々期と直前期の監査報酬合計の上位5社を除外して平均を取ってみても、直前々期が766万円、直前期が1097万円となっていましたので、上場前といえども監査報酬が値上がってきているという傾向が確認できます。

2018年実績では依然大手監査法人がほとんどを占めていますが、大手がIPOの監査を受託しないようになっていると言われていますので、2019年は監査法人別の社数がどのようになっていくのかも注目していきたいと思います。

関連記事

  1. 上場直後に一転営業赤字転落を公表したgumi-繰延税金資産の計上…

  2. 2019年のIPOは94社-経営財務誌調べ

  3. 新規上場予定情報が証券印刷から情報漏洩したらしい-FACTA20…

  4. 新規上場後3年間は内部統制監査免除する法案が衆議院を通過

  5. 粉飾決算をめぐり監査法人に約6億円の損害賠償-プロデュース社事件…

  6. 続出するお粗末IPO-東洋経済(2015/4/18号)




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,909,407 アクセス
ページ上部へ戻る