閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2019年監査人の交代が4年連続で増加
  2. 会社法319条1項に基づく書面による意思表示に取締役会決議は必要か
  3. 令和元年改正会社法を確認(その1)
  4. パワハラ対策義務化の確認(その1)
  5. グループ通算制度導入に伴う税効果会計はどうなる?
  6. 代表取締役の内縁の妻に支給した給与が本人に対する給与とされた事案
  7. 消費税増税後の申告 付表1-1等の記入誤りに注意?
  8. 風評被害の賠償金は非課税所得にならず?
  9. 過大配当利用の節税封じは20年3月末の期末配当も対象
  10. 2021年1月より介護休暇や子の看護休暇が1時間単位で取得可能に
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する要綱案が決定(その2)

会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する要綱案が決定(その1)の続きです。

今回は以下の主な内容についてです。

第1部 株主総会に関する規律の見直し
第2 株主提案権

2.株主提案権

①株主が提案することができる議案の数の制限

これは、1人の株主が不当な目的で多数の議案を提案するというような事例が生じていることを踏まえたもので、要綱案では株主提案の議案数を10に制限するとされています。

なお、議案数のカウント方法について、要綱案では以下のようになっています。

  1. 役員等(取締役、会計参与、監査役または会計監査人)の選任に関する議案:当該議案の数にかかわらず,これを一の議案とみなす。
  2. 役員等の解任に関する議案:当該議案の数にかかわらず,これを一の議案とみなす。
  3. 会計監査人を再任しないことに関する議案:当該議案の数にかかわらず,これを一の議案とみなす。
  4. 定款の変更に関する二以上の議案:当該二以上の議案について異なる議決がされたとすれば当該議決の内容が相互に矛盾する可能性がある場合には,これらを一の議案とみなす。

会計監査人を再任しないことに関する議案が複数になるというのがひっかかりましたが、個人事務所等の共同監査で会計監査人が複数いるケースで生じる可能性があると考えられます。

また、10を超えて議案を提案してきた場合はどうなるのかですが、この場合は、どの議案が10を超える議案なのかを取締役が定めるものとするとされています。ただし、議案を提出した株主が議案の優先順位を定めている場合には、その優先順位に従うとされています。

②目的等による議案の制限

現行法においても、会社法施行規則93条1項3号括弧書きにおいて「当該提案の理由が明らかに虚偽である場合又は専ら人の名誉を侵害し、若しくは侮辱する目的によるものと認められる場合」には、「提案の理由」を株主総会書類に記載しないことができるとされています。

ただし、株主提案自体は、当該議案が法令若しくは定款に違反する場合又は実質的に同一の議案につき株主総会において総株主の議決権の十分の一以上の賛成を得られなかった日から三年を経過していない場合に制限されることとなっています(会社法304条ただし書、会社法305条4項)。

要綱案では新たに以下のような目的による株主提案が制限されることとなっています。

  1. 株主が,専ら人の名誉を侵害し,人を侮辱し,若しくは困惑させる場合
  2. 自己若しくは第三者の不正な利益を図る目的の場合
  3. 株主総会の適切な運営が著しく妨げられ,株主の共同の利益が害されるおそれがあると認められる場合

関連記事

  1. 取締役就任時の慰労金特約が持つ意味は?

  2. 総会決議がない役員報酬の支払は違法か?

  3. 会社計算規則の一部改正-退職給付に関する会計基準に対応

  4. 濫用的な議決権行使書面の閲覧を制限する方向で会社法改正が検討

  5. 導入する会社が登場してきた譲渡制限付株式とは?

  6. 会社法改正により上場会社等は社外取締役選任が義務化されるようです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,316,667 アクセス
ページ上部へ戻る