閉じる
閉じる
閉じる
  1. 国を跨ぐリモートワークの給与課税等取扱いの整理
  2. 株式の非上場化・非公開化をめぐる裁判ー株主の請求を棄却
  3. 会社未公表の情報がKAMに記載された早期適用事例は、ほとんどなしー「監…
  4. 在外子会社の使用権資産のBS表示科目
  5. GoToEatキャンペーンを企業が接待で使用した場合の判定基準は?
  6. 少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象
  7. カフェテリアプランに財形メニューがあっても換金性あるとはいえず
  8. 監査基準の改訂「その他の記載内容」につき監査人の手続を明確化
  9. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役社長に…
  10. テレワーク導入費用の課税関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ

2019年3月28日に開催された企業会計審議会総会・監査部会において、中間監査報告書及び四半期レビュー報告書の記載内容が見直されることに決定されたとのことです(T&A master No.782)。

2018年7月5日に公表された「監査基準の改訂に関する意見書」では、監査報告書の記載区分等も見直されており、中間監査報告書および四半期レビュー報告書の記載事項も同様に改訂される方向とのことです。

四半期レビュー報告書は以下の区分と順序で記載されることになるとのことです。

・監査人の結論
・結論の根拠
 (継続企業の前提)
 (追記情報)
・経営者及び監査役等の責任
・監査人の責任
・利害関係

また、限定付適正意見の場合の監査報告書の記載に関しては、「なぜ不適正ではなく限定付適正と判断したのかについての雪面が不十分」等の指摘があることなどを受け、限定付適正意見の場合の「意見の根拠」区分の記載に関して、監査基準を変更し、「除外事項を付した限定付適正意見とした理由」を監査報告書に記載しなければならないこととする案が提示されているとのことです(経営財務3402号)。

関連記事

  1. 平成26年3月期-定率法から定額法への変更は90社(経営財務調べ…

  2. 適時開示ガイドブック改正後の「公認会計士等の異動に関するお知らせ…

  3. 保養所や社宅は「賃貸等不動産」の範囲に含まれるか?

  4. 4月(四半期)決算会社の平成28年度税制改正による減価償却方法の…

  5. CGコード説明率が高いのは補充原則1-2④

  6. 監査手続きと報酬に納得できずに監査契約を合意解約したオークファン…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,268,465 アクセス

ページ上部へ戻る