閉じる
閉じる
閉じる
  1. キヤノンの2019年12月期監査報告書にKAMが記載
  2. 会計士協会、有報提出期限の一律延長等を提案
  3. 自社製品企業がを新型コロナ対応で無償提供した場合の税務上の取扱い
  4. 2019年12月期有価証券報告書提出延長申請は3社
  5. ボリュームライセンス、ライセンスキー一つでも単位当たりで判定可能
  6. たな卸資産と棚卸資産
  7. 「上場有価証券の評価損に関するQ&A」は現在も有効
  8. 2020年3月に入り8社がIPO承認を取り消し
  9. 新型コロナ関連の後発事象記載事例
  10. 新型コロナウィルス対策と株主総会ー12月決算会社の事例
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ

2019年3月28日に開催された企業会計審議会総会・監査部会において、中間監査報告書及び四半期レビュー報告書の記載内容が見直されることに決定されたとのことです(T&A master No.782)。

2018年7月5日に公表された「監査基準の改訂に関する意見書」では、監査報告書の記載区分等も見直されており、中間監査報告書および四半期レビュー報告書の記載事項も同様に改訂される方向とのことです。

四半期レビュー報告書は以下の区分と順序で記載されることになるとのことです。

・監査人の結論
・結論の根拠
 (継続企業の前提)
 (追記情報)
・経営者及び監査役等の責任
・監査人の責任
・利害関係

また、限定付適正意見の場合の監査報告書の記載に関しては、「なぜ不適正ではなく限定付適正と判断したのかについての雪面が不十分」等の指摘があることなどを受け、限定付適正意見の場合の「意見の根拠」区分の記載に関して、監査基準を変更し、「除外事項を付した限定付適正意見とした理由」を監査報告書に記載しなければならないこととする案が提示されているとのことです(経営財務3402号)。

関連記事

  1. 最近の会計監査人の異動の状況を確認

  2. 是非実現を-「ディスクロージャーワーキング・グループ」第3回会合…

  3. エナリスで第三者調査委員会が設置-以前の報告書が公表されなかった…

  4. 平成27年度第1四半期報告書の留意点

  5. サマリー情報のみ先行開示した初の事例はLINE

  6. 上場時には社外役員の報酬は取締役と監査役に区分して記載が必要?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,557,774 アクセス
ページ上部へ戻る