閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2019年上半期のIPOは42社見込み
  2. 時価算定会計基準を確認
  3. 平成30年度査察事案では121件が告発(うち41件は消費税)
  4. 当計上前に偶発債務注記を行っている事例は少数
  5. 書類送付を頼まれて書類を送付したら、顧客を奪うのに協力したと訴えられた…
  6. 株式会社MTGが四半期報告書の提出期限を再延長って何が?
  7. 「みなし大企業」の範囲を確認
  8. 業務手当の割増賃金該当性(固定残業代)が争われた事案
  9. 市場区分見直しに向けた第2回会合が開催
  10. ハイブリッド型バーチャル株主総会って何
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ

2019年3月28日に開催された企業会計審議会総会・監査部会において、中間監査報告書及び四半期レビュー報告書の記載内容が見直されることに決定されたとのことです(T&A master No.782)。

2018年7月5日に公表された「監査基準の改訂に関する意見書」では、監査報告書の記載区分等も見直されており、中間監査報告書および四半期レビュー報告書の記載事項も同様に改訂される方向とのことです。

四半期レビュー報告書は以下の区分と順序で記載されることになるとのことです。

・監査人の結論
・結論の根拠
 (継続企業の前提)
 (追記情報)
・経営者及び監査役等の責任
・監査人の責任
・利害関係

また、限定付適正意見の場合の監査報告書の記載に関しては、「なぜ不適正ではなく限定付適正と判断したのかについての雪面が不十分」等の指摘があることなどを受け、限定付適正意見の場合の「意見の根拠」区分の記載に関して、監査基準を変更し、「除外事項を付した限定付適正意見とした理由」を監査報告書に記載しなければならないこととする案が提示されているとのことです(経営財務3402号)。

関連記事

  1. 定性情報すべて省略が7%(四半期決算短信)

  2. 東芝、定時株主総会もついに幕張メッセで開催予定に

  3. 「会計基準の選択に関する基本的な考え方」の記載事例が登場

  4. 東芝が準大手への監査法人の変更を検討しているそうですが,引き受け…

  5. 社長交代で事態終息を図るエナリス

  6. エナリスに対する上場契約違約金2400万円は高い、安い?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,165,372 アクセス
ページ上部へ戻る