閉じる
閉じる
閉じる
  1. 少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象
  2. カフェテリアプランに財形メニューがあっても換金性あるとはいえず
  3. 監査基準の改訂「その他の記載内容」につき監査人の手続を明確化
  4. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役社長に…
  5. テレワーク導入費用の課税関係
  6. 法人に係る消費税の申告期限の特例-改正法の適用時期および適用手続
  7. アズ企画設計が審査請求棄却を不服として東京地裁に更正処分取消を提訴
  8. GoToトラベル-地域共通クーポン利用も全額が課税仕入
  9. GoToトラベルの経理処理ー代金全額が課税仕入れ
  10. 取締役報酬等の決定方針として決定しなければならない事項(改正会社法施行…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

米国の会計監査人在任期間100年超が3社

T&A master No.782に特別解説記事として「主要な米国企業における会計監査人の在任期間に関する記述」という記事が掲載されていました。

日本においても2019年3月期の有価証券報告書から継続監査期間に関わらず監査継続期間の記載が求められることととされていますが、T&A master誌が、ニューヨーク証券取引所に上場しているS&P株価指数100(S&P500中、時価総額の特に大きい、超大型株100銘柄で構成)に選定されている100社について、直近期のForm10-Kに掲載されている監査報告書を調査対象とした結果、100社の在任期間は以下のとおりであったとのことです。

100年超:3社
81~100年:12社
61~80年:12社
41~60年:14社
21~40年:20社
11~20年:33社
10年以下:6社

米国では2017年12月15日以降終了する事業年度の監査から、監査事務所が会社の監査人になった年度を記載することが要求されるようになっているとのことですので、上記のような在任期間が開示されるようになったことにより、どのような影響があるのかはしばらく様子をみる必要があると考えられるものの、40年超が61社となっており、在任期間が長いからどうということはないということのようです。

なお、在任期間が11~20年の33社のうち、半数の16社は、エンロン事件を契機に倒産したアーサーアンダーセンからの変更によるものとのことですので、実質的には上記よりも在任期間が20年未満の会社は少なかったということになると考えられます。

ちなみに在任期間が100年を超えるのはP&G(Deloitte)128年、ダウ・デュポン(Deloitte)113年、GE(KPMG)109年の3社とのことです。このほか、ジョンソンアンドジョンソン、コカ・コーラ、ゴールドマンサックス、IBM、キャタピラーなどがいずれも在任期間80年超となっており、世界的に有名な会社で在任期間がかなり長期となっているようです。

最後に、調査対象となった100社の監査法人の内訳は以下のとおりとされています。

PwC:31社
E&Y:29社
Deloitte:22社
KPMG:17社
Grant Thornton:1社

100社中99社が4大会計事務所というのはなかなかすごい結果ですが、S&P株価指数100に選定されている規模の会社だとリソース等の関係で4大会計事務所でないと対応不能ということなのかもしれません。

関連記事

  1. 遡及修正の原則的取扱いが実務上不可能な開示例ー平成24年3月期い…

  2. 平成28年税制改正による税効果注記は法律名に要注意

  3. エナリスに対する上場契約違約金2400万円は高い、安い?

  4. 有報で西暦表示採用は500社以上

  5. 企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(平成3…

  6. 監査時間および報酬の動向-平成27年度監査実施状況調査

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,235,680 アクセス

ページ上部へ戻る