閉じる
閉じる
閉じる
  1. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加
  2. 不動産鑑定士の鑑定評価額、相続税法上の時価と認められず
  3. 一定の短期払のがん保険も資産計上対象に
  4. 日本税理士会連合会が給与所得控除削減を求める
  5. 労働基準法上、賃金の一部または全部を外貨で支払うことは可能か?
  6. 東京都令和元年10月1日以後の外形標準課税の超過税率が決定
  7. 公認会計士等の実質的異動理由を10個例示・・・企業内容等ガイドライン
  8. 2018年4月期~2019年2月期 開示すべき重要な不備は19社
  9. 子会社設立を代表取締役に一任することはできるのか?
  10. 大企業の経理マン、土地の譲渡対価を課税売上と誤認?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2019年3月期の決算発表日はどうなっている?

GW中の平日に決算発表を行う会社はそれほど多くありませんが、2019年は10連休となることによって、3月決算会社の決算発表日がどのようになっているのかを確認しました。

日本取引所のサイトに掲載されている決算の発表予定会社一覧(2019年4月11日時点)から3月決算会社のみを抽出して、決算発表毎の社数を集計してみたところ以下の様になっていました。なお、合計2292社のうち4月11日時点で決算発表日が未定の会社は44社となっています。

一番多いのは10連休明けの週の金曜日である5月10日で468社(20.4%)となっています。2018年3月期の状況はどうなっていたのかというと、2018年3月期もGW明けの週の金曜日(2018年5月11日)が632社で27.1%となっていました。(「平成30年3月期決算発表状況の集計結果について」日本取引所)

2018年3月期は14日(月)、15日(火)が290社(12.4%)、281社(12%)となっていたのに対して、2019年の決算発表日は、13日(月)、14日(火)、15日(水)がそれぞれ280社(12.2%)、399社(17.4%)、339社(14.8%)となっています。

やはり今年は営業日の関係でいつもよりも決算発表日を遅らせている会社が多いということだと考えられます。

ちなみに4月中に決算発表会社数については、2017年は383社(16.3%)、2018年は364社(15.6%)と推移していましたが、2019年は330社(14.4%)とさらに減少しています。2019年は4月の最終週が休みとなっているものの、26日(金)までの営業日は2018年の4月27日(金)までの営業日数と同じ(20営業日:平日が営業日の場合)となっていますの、決算早期化よりも働き方改革等によって決算発表日を遅くしている傾向があるのではないかと推測されます。

また、5月からは元号が変わっての決算発表となり、和暦から西暦に変更する会社がどれくらい増加するのかについても注目です(経営財務が集計してくれることに期待しています)。

関連記事

  1. 平成27年3月期有報から役員の男女比率の記載が必要になるようです…

  2. 決算短信の業績予想開示に自由記載形式が認められました

  3. 特別損失で計上した引当金の戻入益の表示区分は?

  4. 有価証券報告書と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その3)

  5. 米国の会計監査人在任期間100年超が3社

  6. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,252,190 アクセス
ページ上部へ戻る