閉じる
閉じる
閉じる
  1. 消費税総額表示義務の確認(2021年4月1日以降)
  2. 学生支援機構による「奨学金返還支援(代理返還)」は直接返済で給与課税さ…
  3. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努力義務…
  4. 株式評価損の過年度否認額を判断基準変更時に損金算入できる可能性
  5. 2021年6月開催よりバーチャルオンリー株主総会が可能に
  6. 2022年1月1日より傷病手当金の支給期間が通算化されるようになりそう…
  7. 通勤手当 一定の合理性をもって支給すれば按分計算しなくても非課税
  8. 東証一部上場企業の72.4%が英文開示を実施
  9. 改正会社法はクローバック条項導入社数を増加させるか?
  10. 実費精算の残業食事代は給与課税されるか否か
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ

税務通信3568号の税務の動向に「大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目」の第三弾が掲載されていました。

今回とりあげられていたは、事業者向け電気通信利用役務の提供についてでした。

特に間違いが多いとされていたのは、課税売上割合が95%以上の事業者や簡易課税制度を適用している事業者が、国外事業者から事業者向け電気通信利用役務の提供を受けた場合に、特定課税仕入れはなかったものとされ、不課税取引と同様に取り扱われ、消費税は課せられないところ、仕入税額控除の対象としている誤りが非常に多く見受けられるというものです。

いわゆるリバースチャージ方式の問題ですが、上記のケースは、課税売上割合95%以上の事業者が消費税分について 借)仮払消費税 800 貸)仮受消費税 800 というような処理を行っていたというものではなく、単に国外事業者から事業者向け電気通信利用役務の提供について、国内取引として支払対価から仮払消費税を計上していたというものだと思われます。

そういった意味では課税売上割合が95%未満の事業者が、国外事業者から事業者向け電気通信利用役務の提供を受けた場合に仕入税額控除のみとっているというケースも同様に多いのでないかと推測されます。

クラウドサービスなど各種サービスは、英語等で提供されているものについては事業者向け電気通信利用役務の提供として消費税の取扱いに注意することができるかもしれませんが、日本語で申込み等が可能なサービスについては、あたかも国内事業者と契約しているかのように誤解してしまい間違ってしまうという可能性はたしかにあります。

支払も海外送金で振込という感じであれば注意が向きますが、少額のサービスであればコーポレートカード決済などを利用したりすることもあり、この場合、特に違和感を感じず国内取引として処理してしまう可能性も考えられます。

平成27年10月に導入されたリバースチャージ方式ですが、日常的に必要なものでもないのでなければ、どのような仕訳を切るのかがぱっと思い出せないというのが普通ではないでしょうか(私だけかもしれませんが・・・)。

税務通信の記事では、取引の相手方が国内事業者か否か等の確認作業が重要と述べられており、これはその通りですが、クラウドサービス等について、消費税について明記されていないものについては疑ってかかるという観点も有用なのではないかと思います。

関連記事

  1. 消費税転嫁対策-どこまでOKでどこからアウト?

  2. 未登録国外事業者からの仕入も消費税把握は必要だそうです

  3. 消費税が予定通り平成26年4月から8%になることに決まりました

  4. 消費税(その3)-個別対応方式の用途区分1

  5. 契約書の交付日が指定日後でも経過措置の適用は可能

  6. 海外支店取引にも要注意-国外事業者からの役務提供

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,720,303 アクセス
ページ上部へ戻る