閉じる
閉じる
閉じる
  1. 役員等の責任限定契約を再確認
  2. 会計限定監査役に対する責任を問う最高裁判決が下されました
  3. 電子取引制度対象の請求書等を出力保存した場合、「やむを得ない理由」等の…
  4. 届出漏れが原因で不支給となっていた手当は遡及して支払う必要があるか?
  5. KAMの個数は1個が7割超-経営財務誌調べ
  6. 短期前払費用特例適用の留意点
  7. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  8. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  9. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  10. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

アズ企画設計が審査請求棄却を不服として東京地裁に更正処分取消を提訴

本日(2020年10月7日)、東証ジャスダックに上場している株式会社アズ企画設計が”「関東信越国税庁からの更正通知書受領」に関する事後の諸対応の進捗に関するお知らせ”という適時開示が公表されました。

同社の件については、1年以上前に”マンション仕入控除でアズ企画設計に更正処分”で取り上げましたが、取得した居住用建物に係る消費税の仕入税額控除を否認する更正処分を受けたことに対するその後の状況が上記の資料で説明されていました。

同社は、更正処分に対して、国税不服審判所に対して処分等の取消を求めていましたが、2020年4月に審査請求を棄却する旨の判決を受け、これを不服とし2020年10月7日付で本件更正処分等の取消を求める訴訟を東京地裁に提起したとのことです。

新型コロナの影響や準備等があるにしても、4月に裁決を受けてから、本家更正処分等の取消を求める訴訟を提起するまでに結構時間が空いているように感じますが、おそらく同様の状況で係争中の他社の動向を見ていたのではないかと思います。

先日ADワークスが勝訴したことによって、裁判に訴えるという決断をしたのではないかと推測されます。なお、担当の弁護士は、ADワークス社を担当した森・濱田松本法律事務所の大石篤志弁護士を選任していますので、異なった結論となる可能性もないとはいえませんが、納税者勝訴となる可能性の方が高いと考えるのが自然だと思います。

同社はこの適時開示の中でも、改めて「当社としては従前の税務処理は適切であると考えており」と、自社の正当性を主張しています。

ただし、同社のIRサイトを確認したところ、2020年4月に審判所で不服申し立てが棄却された際に、その旨の適時開示等が行われていないようであるという点は気になります。確かに、すでに納付済みであり、会計処理には反映済みのため損益等に対する影響はないというものの、2019年4月16日付け「関東甲信越国税局からの更正通知書受領のお知らせ」で「通知に対して、速やかに不服申し立てを行う予定」とされていましたので、その決着がついた段階で今後裁判を検討する等、何らかの開示が行われるのが自然なような気はします。

仮にこれで敗訴したら、株主からは開示をめぐって文句が出そうな気がします。

関連記事

  1. 消費税(その12)-課税売上割合の算出2

  2. 「高額特定資産」とはなんですか?(その1)-平成22年改正から確…

  3. 資産の貸付けに関する消費税の経過措置(その2)

  4. 自動車保険の免責部分は消費税の課税対象?

  5. いままで消費税申告延長が認められなかったのは何故?

  6. 消費税率アップの経過措置とは?(その2)-請負契約

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,313,742 アクセス
ページ上部へ戻る