閉じる
閉じる
閉じる
  1. 令和4年度税制改正で少額固定資産の損金算入制度が見直し?
  2. 個人会計士事務所では上場会社の監査ができなくなるそうです
  3. 令和5年度税制改正では法人税増税?
  4. 免税事業者の適格請求書発行事業者登録日で2年縛りに違いが生じる?
  5. 2023年3月以降開催総会から総会資料の電子提供開始
  6. 平均監査報酬は微増 監査実施状況調査(2020年度)
  7. 改正電子取引 宥恕規定制定の状況は?
  8. 契約負債に流動固定分類は不要?
  9. 改正電子帳簿保存法 電子取引に宥恕規定が設けられるようです
  10. 会計士CPE履行要件を満たさない場合は登録抹消も視野に検討
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

法人に係る消費税の申告期限の特例-改正法の適用時期および適用手続

令和2年度の消費税法改正により、法人に係る消費税の申告期限の特例が創設されました。法人税等の申告について申告期限の延長をしている法人は、消費税についても申告期限を延長することを通常希望すると考えられますが、その適用をうけるための手続等について確認しました。

従来、「消費税には確定決算主義の概念はなく、課税期間中の売上げ及び仕入れに基づいて確定消費税額を計算することから、あえて申告期限の延長は認められていなかった」とのことです(T&A master No.852 “令和2年度消費税改正(法人に係る消費税の申告期限の特例の創設)”)

しかしながら、令和2年度の消費税法改正により、法人税の確定申告書の提出期限を延長している法人が、「消費税申告期限延長届出書」を提出することにより、消費税についても申告書の提出期限を延長することが可能となりました(改正消費税法45の2①)。

改正法は令和3年3月31日以後に終了する事業年度の末日の属する期間から適用することとされているため、通常の3月決算会社は当事業年度の決算期から申告期限を延長することが可能となっています。

「消費税申告期限延長届出書」の提出期限については「特例の適用を受けようとする事業年度又は連結事業年度(その連結事業年度終了の日から45日以内に提出した場合のその連結事業年度を含む)終了の日の属する課税期間の末日までとされています。

要は、事業年度末までに提出すればよいということですが、法人税の申告期限の延長とは別に届出が必要となるという点には注意が必要です

また、消費税の申告書の提出期限の延長の特例を受けている場合、翌期の1回目と2解明の中間申告書の提出期限を当課税期間開始の日から5か月以内とすることとされています。申告期限の延長をしている3月決算会社のケースで考えると、1回目と2回目の中間申告期限は8月31日(3回目の申告期限と同じ)となります。

届出は急ぐ必要はありませんが、うっかり失念することがないよう、早めに対応しておくのがよさそうです。

関連記事

  1. 法人が収受した立退料の消費税の取扱いは?

  2. 10月1日からGoogle Adwordsも消費税の課税対象へ

  3. 国際取引と消費税(その4)-輸出免税等

  4. マイカー通勤手当と消費税

  5. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです

  6. 改正電子取引制度と仕入れ税額控除




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,660,134 アクセス
ページ上部へ戻る