閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

テレワーク導入費用の課税関係

税務通信3625号の税務の動向に「テレワーク導入費用の課税関係と留意点を取材」という記事が掲載されていました。

コロナ禍による在宅勤務が開始されたことにより、備品等の購入のため一定額の手当を支給したというような話を耳にしますが、上記の記事ではこのようなテレワーク導入費用の取扱いについてまとめられていました。特に驚くような取扱いのものはありませんでしたが、この記事で取り上げれれてた項目の取扱いはいかの通りです。

1.在宅勤務を行うために必要な備品を支給した場合

コピー用紙など少額な消耗品を除き、在宅勤務を行うために必要な物品(PC、モニター、プリンター、Web会議用ツール、机、椅子など)を支給した場合には、原則として、現物給与となる。

2.在宅勤務を行うために必要な備品を貸与した場合

在宅勤務を行うために必要な備品を貸与した場合には、その物品は会社の資産となるため、基本的には、現物給与として課税されることはないとのことです。なお、「支給」なのか「貸与」なのか判然としない場合、税務調査で指摘されるリスクもあるため、このような貸与品については会社で台帳を作成して管理するなど、貸与であることを明らかにしておくべきとされています。

金額的に僅少な物品については台帳を作成して管理するのは結構手間であると考えられますが、きちんと管理しておく必要があるという点には注意が必要です。

なお、従業員が物品購入代金を立て替えて、後日精算した場合も、「支給」した場合は、原則、現物給与として課税され、給与課税は生じないとのことです(税務通信の記事では、このようなケースで給与課税されるのではないかと不安視する声があるとされています)。

3.在宅勤務を行うために必要な備品を準備するために一定額額を支給した場合

この場合は、給与として課税されるとされています。個人的には、これに該当するケースが多いのではないかという気がしていますので、これから始まる年末調整に向けて給与として集計するのを失念しないように注意しましょう。

関連記事

  1. 未払残業代の税務処理

  2. 源泉所得税を過大に納付した場合はどうなる??

  3. ハズレ馬券訴訟-大阪高裁は一審を支持

  4. 年末調整は会社の義務か任意か?

  5. 資格取得費が所得控除できるという特定支出控除って何?

  6. 所得税の重加算税が課せられるのはどんな時?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,145,160 アクセス
ページ上部へ戻る