閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2019年監査人の交代が4年連続で増加
  2. 会社法319条1項に基づく書面による意思表示に取締役会決議は必要か
  3. 令和元年改正会社法を確認(その1)
  4. パワハラ対策義務化の確認(その1)
  5. グループ通算制度導入に伴う税効果会計はどうなる?
  6. 代表取締役の内縁の妻に支給した給与が本人に対する給与とされた事案
  7. 消費税増税後の申告 付表1-1等の記入誤りに注意?
  8. 風評被害の賠償金は非課税所得にならず?
  9. 過大配当利用の節税封じは20年3月末の期末配当も対象
  10. 2021年1月より介護休暇や子の看護休暇が1時間単位で取得可能に
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2019年IPO会社の監査報酬動向など

明日(12月26日)に東証マザーズに上場を予定している(株)スポーツフィールドが予定通り上場すると2019年の東証でのIPO(Pro market除く)は83社となりそうです。

なお、1週間ほど前のネット記事で2019年のIPOは86社見込という記事が掲載されていました。直近では12月20日に東証マザーズに上場を予定していたファンペップは12月の初旬に上場を中止したというものがありますが、記事のタイミングからこれは織り込み済みと考えられますので3社の差が気になりますが、とりあえず83社ということで話をすすめます。

ちなみに2019年は3月にもウインズアーク1stが上場申請を取消し、上場を中止しており、2019年の上場承認後の取消は2社となっています。

さて、83社の市場別の内訳は以下のとおりです。

マザーズ:65社
第二部:11社
JQスタンダード:6社
第一部:1社

現在東証の市場構造の見直しが検討されており、従来の第一部に残れる会社の基準が検討されているところですが、第一部に直接上場したのは日本国土開発(株)1社のみとなっており、そういった意味では比較的大規模な上場が少なかった年だと言えそうです。

2017年、18年と90社で推移していていましたが、83社であれば2016年と同数ということになります。株価は消費税増税や米中関係の不透明感などがありながらも高い水準を保っているというのが個人的な感覚ですが、タイミングを嫌ったという会社もあるのかもしれません。

最近5年程度の推移からすると、来年も年間のIPOが100社を超えるというのはなさそうな感じです。

IPOした会社の監査法人を集計すると、以下のようになっていました。

EY新日本 23社
トーマツ 20社
あずさ  18社
太陽    7社
Pwcあらた 5社
三優    4社
仰星    2社
A&A    2社
大有    1社

なんだかんだいっても大手3法人が多いという傾向があまり変わっていませんが、太陽が7社とがんばっているという印象です。また、三優も昨年は1社だったので4社というのは立派だと思います。また、過去見た記憶がないのが大有で、実績としては1社ではありますが、このような中小監査法人がIPOの監査を担うことによって、大手には相手にしてもらえないような会社であってもIPOにチャレンジできる機会が広がるのは個人的にはよいと思います。

監査報酬の水準も気になるところですが、ぱっと見、直前期の監査報酬が1000万円を下回っている会社の数が大きく減っているようでしたので、直前期に監査報酬が1000万円を下回っている会社の数を2018年と2019年で数えてみると・・・

2018年 27社
2019年 14社

となっていました。全体の社数も減少しており、また会社の状況によって監査に要する時間も異なるものの、全体的にIPOといえども監査報酬は高くなってきているということだと思われます。逆に言うと、その報酬を払える会社でないとIPOが難しいということかもしれません。

直前期の監査報酬が最も低かったのは4月に上場したトビラシステムズで540万円(直前前期は300万円)となっています(監査法人は三優)。反対に直前期の監査報酬が最も高かったのは、2019年唯一第一部に上場した日本国土開発で4400万円(監査法人はトーマツ)となっています。

2019年に新規上場した83社の売上高、経常利益(IFRSの場合は営業利益)、総資産額、監査報酬等は以下のとおりです(各社Iの部から作成)。

関連記事

  1. マザーズ上場時の監査報酬相場-法人別の報酬の傾向は?

  2. 事業等のリスクに長時間労働を掲げても上場審査はパスできる?

  3. 新規上場後3年間は内部統制監査免除する法案が衆議院を通過

  4. 2017年IPOは96社(続編)

  5. 従業員持株会(その3)-退会時の買取価格は?

  6. 東証の上場基準が緩和されたそうですが・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,315,530 アクセス
ページ上部へ戻る