閉じる
閉じる
閉じる
  1. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  2. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  3. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  4. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  5. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  6. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  7. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  8. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
  9. GoToトラベル-出張費を総額精算でも給与課税なし
  10. 公認会計士協会への会費は商事時効では消滅しない
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

個人がポイントを取得・使用した場合の課税関係

今まで個人が企業を発行したポイントを取得・使用した場合の課税関係について税務当局の公式見解はありませんでしたが、タックスアンサーに「No.1907:個人が企業発行ポイントを取得又は使用した場合の取扱い」というものが追加されました。

No.1907の問は、小売店で商品購入時に付与されるポイントを取得・使用した場合に所得税の確定申告が必要になるかというものです。かなり前から家電量販店を始め様々な小売店でポインとが導入されていたことからすると違和感はありますが、結論としては「原則として、確定申告をする必要はありません」というものです。

20万円以上なら雑所得として申告が必要というような結論でなくて良かったと思いますが、理屈としては「一般的に企業が発行するポイントのうち決済代金に応じて付与されるポイントについては、そのポイントを使用した消費者にとっては通常の商取引における値引きと同様の行為が行われたものと考えられますので、こうしたポイントの取得または使用については、課税対象となる経済的利益には該当しないものとして取り扱う」とされています。

ただし、ポイント付与の抽選キャンペーンに当選してことなどによって、臨時・偶発的にポイントを取得したような場合には、通常の商取引における値引きとは異なると考えられるため、使用したポイント相当額を、使用した日の属する年分の「一時所得」の金額の計算上、総収入金額に算入する必要があるとのことです。

また、セルフメディケーション税制を適用する場合に、医薬品の購入にポイントを用いた場合、ポイント使用後の金額で所得控除額を計算する場合には特に問題はありませんが、ポイント控除前の金額を用いる場合には、ポイント使用相当額を一時所得の総収入金額とする必要があるとのことです。そういった意味では、セルフメディケーション税制の対象にポイントを使用するのは得策ではないと言えそうです。

関連記事

  1. 士業の必要経費をめぐる国税不服審判所の判断(その2)

  2. 永年勤続表彰者に対する旅行券の支給は課税所得なる/ならない?

  3. 自転車通勤者に対する通勤手当と非課税限度額

  4. 請求書が複数枚ある場合の専門家報酬の源泉徴収は?

  5. ハズレ馬券訴訟-大阪地検は控訴の構え

  6. 固定資産税価額が不明な場合の社宅家賃の考え方

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,370,020 アクセス

ページ上部へ戻る