閉じる
閉じる
閉じる
  1. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  2. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  3. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  4. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  5. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  6. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
  7. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  8. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
  9. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  10. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

初期費用込みのクラウド利用料は金額が区分されているかどうかで取扱いが異なる?

以前”クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取扱いは?”で、クラウドサービスの初年度利用料が高く設定されている場合は、初期費用分が含まれていると推測し、当該部分は税務上の繰延資産として処理すべきという見解を紹介しました。

一方で、税務通信3585号の税務の動向に掲載されていた”初期費用込みのクラウド利用料 金額区分の可否で異なる処理”では上記と異なる見解が示されていました。

この記事では、クラウド導入費は一般的に支出の効果が将来に及ぶものであるといえるため「繰延資産」として支出の効果の及ぶ期間で償却していくこととなるとされ、初期費用と利用料が区分できるものは、初期費用相当額を繰延資産として処理することとなるとしています。

一方で、ベンダーから初期費用と利用料の内訳を記載した書類等が提示されない場合については以下のように述べられています。

このように契約書や請求書等から初期費用相当額と利用料が明確に区分できないような場合、利用料にサーバーへの設定等に係るコスト相当額が含まれた料金設定となっているといえる。そのため、支払うべき債務が確定しているのであれば、初期費用相当額と利用料を按分せず、全額を利用料として損金算入することが認められるようだ。

以前紹介した見解では、初年度の料金が高い場合は「利用料にサーバーへの設定等に係るコスト相当額が含まれた料金設定となっているといえる。そのため」初期費用と考えられる金額を繰延資産として計上すべきという説でしたが、実務上は賃借料として処理することも認められるということのようです。

利用料なので、ここを狙い撃ちしてこない限り2年目以降の賃借料が安くなっていたとしても問題となりにくいというだけなのかもしれませんが、この記事では「税務リスクを避けるためにも、こうした処理を行う場合にはベンダー側から書類等の提示が受けられなかったことなどについて記録を残しておくなど、客観的に説明できる資料を揃えておくことが無難といえそうだ」とされていますので、金額の内訳の提示を求めたものの入手できなかったという建付は必要ということのようです。

関連記事

  1. 合理的見積計上による損金経理も可能-控除対象外消費税

  2. 従業員不正による損害賠償金の計上時期

  3. 不動産鑑定士の鑑定評価額、相続税法上の時価と認められず

  4. 特定公社債とは?

  5. 外国上場株式の減損の損金算入要件

  6. 貯蔵品の課税仕入れを行った日はいつか?-貯蔵品残高は税込?税抜?…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,964,306 アクセス
ページ上部へ戻る