閉じる
閉じる
閉じる
  1. キヤノンの2019年12月期監査報告書にKAMが記載
  2. 会計士協会、有報提出期限の一律延長等を提案
  3. 自社製品企業がを新型コロナ対応で無償提供した場合の税務上の取扱い
  4. 2019年12月期有価証券報告書提出延長申請は3社
  5. ボリュームライセンス、ライセンスキー一つでも単位当たりで判定可能
  6. たな卸資産と棚卸資産
  7. 「上場有価証券の評価損に関するQ&A」は現在も有効
  8. 2020年3月に入り8社がIPO承認を取り消し
  9. 新型コロナ関連の後発事象記載事例
  10. 新型コロナウィルス対策と株主総会ー12月決算会社の事例
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2019年のIPOは94社-経営財務誌調べ

経営財務3441号に「2019年のIPOは94社」という記事が掲載されていました。

経営財務誌の集計によると市場別の2019年のIPO社数は以下のとおりとなっています。

東証一部・・・1社(1.1%)
東証二部・・・11社(11.7%)
JSADAQ・・・6社(6.4%)
マザーズ・・・63社(67.0%)
TOKYO PRO・・・9社(9.6%)
名証セントレックス・・・1社(1.1%)
札幌アンビシャス・・・1社(1.1%)
福証本則・・・1社(1.1%)
福証QBoard・・・1社(1.1%)

少し前に”2019年IPO会社の監査報酬動向など”という記事で、Tokyo Pro Marketを除く東証のIPO社数は83社とカウントしていましたが、上記記事の集計結果から計算すると81社と2社の差が生じていました。この記事には社名の一覧が掲載されていたので、自分の集計と付け合わせてみたところ、差の要因は(株)Lib Work(2019年6月18日マザーズ)と(株)global bridge HOLDINGS(2019年12月23日マザーズ)の2社が経営財務の集計には含まれていないことによるものでした。

(株)Lib Workは元々福岡に上場している会社なので除外されているのだろうと推測できましたが、(株)global bridge HOLDINGSは何故とIの部を改めて確認していると、この会社は2017年にTokyo Pro Marketに上場していた会社であったことが判明しました。

よって、上記2社を除くと東証のIPO(Pro Marketを除く)は81社となり、自分の集計結果と一致していることが確認できました(市場別に見るとマザーズが65社→63社で上記と一致)。

また、94社ベースで監査人を集計すると以下のとおりとされています。

EY新日本 23社
トーマツ 21社
あずさ  19社
太陽    9社
PwCあらた 4社

いわゆる大手4法人で67社(71.3%)を占めたとされていますが、そういった意味では大手4法人に含まれていない太陽が9社と健闘しているといえそうです。

本社所在地別に集計すると、東京都が64社とダントツ多く、これに愛知県9社、大阪府7社、福岡3社と続いています。なんだかんだ言っても東京の一極集中という傾向に変化はなさそうです。

最後に業種別にみると、情報・通信業が35社とトップで、これにサービス業が27社と続いています。この2業種のIPO社数が多いという傾向に変化はないようです。

Pro Marketや東証以外の市場を含めても年間100社程度ですので、やはりIPOは狭き門と言えそうです。

関連記事

  1. ウイングアーク1st(株)が2年連続で上場申請を取消

  2. 上場直後に一転営業赤字転落を公表したgumi-繰延税金資産の計上…

  3. 事業等のリスクに長時間労働を掲げても上場審査はパスできる?

  4. 従業員持株会(その1)-導入割合と奨励金の水準

  5. 6月上場の最初の承認会社はなんとなく不思議な感じがする会社

  6. 2017年上期のIPOは41社-監査法人別の内訳は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,557,756 アクセス
ページ上部へ戻る