閉じる
閉じる
閉じる
  1. キャッシュレスポイント還元事業で国に賠償命令が下されたそうです
  2. 株式交付(その4)-株式交付計画の記載事項
  3. 短期退職手当等Q&Aでポイントを確認
  4. 少額短期保険は生命保険料控除の対象外はなぜ?
  5. 研究開発費(試験研究費)税制における人件費の専ら要件
  6. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  7. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  8. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  9. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  10. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

法務省、会社計算規則の一部改正案を公表

2020年2月10日に法務省は、会社計算規則の一部改正案を公表しました。

今回の改正案は、ASBJが2019年7月に公表した「時価算定に関する会計基準」等を踏まえたものとなっています。同会計基準の強制適用は2020年4月1日以降開始事業年度の期首からとされていますので、3月決算会社は原則としては来期以降の適用となります。

ただし、2020年3月31日以降終了する事業年度から早期適用可能とされていますので、仮に早期適用することを選択した場合、計算書類の「金融商品に関する注記」をどうするのかが問題となるので、この部分を手当てするというのが今回の改正案の趣旨となっています。

意見募集は2020年3月10日までとなっています。

現行の会社計算規則109条では以下のように規定されています。
①現行
(金融商品に関する注記)
第百九条 金融商品に関する注記は、次に掲げるもの(重要性の乏しいものを除く。)とする。
(一・二省略)

②改正案
(金融商品に関する注記)
第百九条 金融商品に関する注記は、次に掲げるもの(重要性の乏しいものを除く。)とする。ただし、法第四百四十四条第三項に規定する株式会社以外の株式会社にあっては、第三号に掲げる事項を省略することができる。
(一・二省略)
三 金融商品の時価の適切な区分ごとの内訳等に関する事項

要は、大会社で有価証券報告書提出会社は新たに追加された三号の注記が必要となるということです。裏を返すと、大会社で有価証券報告書提出会社以外社注記を省略することができるということとなるため、会社法監査のみの会社では記載は任意という位置づけとなっています。

3月決算会社で「時価算定に関する会計基準」を早期適用する会社がどれくらいあるのかは不明ですが、会社計算規則も改正されそうだという点は認識しておくとよさそうです。

関連記事

  1. 改正会社法(その2)-監査等委員会設置会社詳細(その1)

  2. KAM導入の監査基準改訂案が了承されたそうです

  3. 減価償却の次は収益の認識基準?-出荷基準からの変更ブームがやって…

  4. 証券取引委員会の課徴金事例集-不正事例は読んでおくとよいのでは?…

  5. 外貨建有価証券の評価減の会計処理

  6. 消費税(その6)-個別対応方式の用途区分4

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,507,548 アクセス
ページ上部へ戻る