閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IPOはツキも重要-昨年に引き続き再トライのウイングアーク1st株式会社はどうする?

新型コロナの影響で日経平均が一気に2万円を割り込んでくる水準になってしまいました。

2020年は本日までに8社がIPOしていますが、公募・売出価格と本日の終値を比較すると以下の様になっています。

1.(株)ジモティ 1,000円→1,420円
2.コーユーレンティア(株) 1,890円→1,120円
3.AHCグループ株式会社 2,200円→1,600円
4.(株)カーブスホールディングス 750円→497円
5.(株)Kids Smile Holdings 2,260円→2,035円
6.(株)ウイルテック 1,200円→863円
7.(株)きずなホールディングス 2,320円→1,898円
8.(株)フォーラムエンジニアリング 1,310円→810円

ジモティを除く7社は公募価格を下回っており、本日上場した(株)フォーラムエンジニアリングにいたっては、公募・売出価格1,310円に対して810円ですので、IPOに申し込んで当たってしまった方はかなり気の毒な結果となっています(自己責任なので仕方ないですが)。

各銘柄の人気の有り無しもありつつも、基本的に各社とも時期が悪かったというのは間違いないと思います。とはいえ、本日上場した(株)フォーラムエンジニアリング を除けば、残りの7社は仮上限の上限価格で公募・売出を達成していますし、明日以降IPOを予定している会社で既に公募価格が決定している10社も仮条件の上限で価格が設定されており、ここまでの会社は、業績的に上場後直ぐに試練を迎えるという可能性は否定できないもののの、資金調達的には滑り込みセーフといえそうです(既にIPOした会社と同様の状況となれば、当選してしまった株主が損失を被ることとなりますが・・・)。

株式市場の状況がさらに悪化すれば、現在上場を承認されている会社の中では、上場申請を取り下げるという会社が出てきても不思議ではありませんが、上場タイミングを逸することでその後も上場できないという可能性もあるので、なかなか難しい選択です。

これから3月に上場する会社の中に、ウイングアーク1st株式会社という会社(市場未定)があります。同社は、昨年3月に上場を予定していましたが、「最近の株式市場の動向等諸般の事情を総合的に勘案し」東証への上場申請を取り下げています。

本当に株式市場の動向が問題だったのか、他に要因があったのかは定かではありませんが、「最近の株式市場の動向等諸般の事情」を再び考慮すれば、昨年同様の決断が下されても不思議ではありません。

こんなことをいうと元も子もないですが、IPOは運やツキといったものもかなり重要だったりすると改めて感じます。

関連記事

  1. 東証の上場基準が緩和されたそうですが・・・

  2. 2014年上期のIPO社数は26社

  3. 続出するお粗末IPO-東洋経済(2015/4/18号)

  4. 2018年上期IPOは40件(PRO除くと36件)

  5. 2018年IPO会社の監査報酬動向など

  6. 2013年新規上場は58社-監査法人は27社がトーマツ




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,144,978 アクセス
ページ上部へ戻る