閉じる
閉じる
閉じる
  1. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  2. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  3. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  4. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  5. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  6. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  7. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  8. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  9. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  10. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会計士協会、有報提出期限の一律延長等を提案

本日付で日本公認会計士協会は「緊急事態制限の発令に対する声明」が公表されました。

この声明では、進行中の3月決算業務及び監査業務について、「当協会会員(公認会計士及び監査法人)からの情報を総合すると、多くの企業において決算業務に重大な遅延が生じている、あるいはその懸念が高まっている」とされ、そのような中、「リモートワークの推進をはじめとする可能な限りの工夫のもとに監査業務を継続してきましたが、こうした方法では対応が困難な業務も多く、監査業務の遂行にも重大な制約が生じて」いるされ、今回の緊急事態宣言により、「企業の決算業務や監査業務に対する制約が更に甚大なものとなることが予想」されるされています。

とはいえ、「信頼のある財務書類が提出されるようにすることが求められ」るため、「企業の決算業務の完了と監査業務の遂行のために、それぞれ十分な時間を確保すること」が必要なことから、「諸外国における措置と同様に、金融商品取引法に基づく有価証券報告書の提出等について、その期限を一律に延長することが可能となる対応及び会社法に基づく定時株主総会の開催時期(特に、計算関係書類の報告期限)についても、一律に延期することが可能となる対応が必要と考えます。」と述べられています。

もちろんリモートワーク等で、あまり支障なく決算業務等が進行できている会社もあるかもしれませんが、多くの会社では普段と大きく異なる状況下での決算作業が行われているのではないかと推測されます。

そのような環境下では、比較的単純なミスも生じやすくなると考えられますので、企業側、監査側双方にとって通常よりもリスクが高くなると考えられます。

そういった意味で、有報等の提出期限の一律延長や、株主総会の開催についても、基準日を改めて設定することなく特別な措置として開催日のみ延期を認めるというような措置が講じられることを望む会社は相当数存在するのではないかと考えられます。

通常のスケジュールでいけば、まさにこれから1~2週間程度が実質的な作業のピークとなる会社が多いと考えられますので、金融庁等が早急に対応してくれることを期待します。当局の立場からすれば、延長申請をすればよい、あるいは基準日の変更によって総会の延期は可能という見解は示されているということかもしれませんが、そうだと従来どおりに何とかやろうする会社が多くなるのではないかという気がします。

果たしてどのような対応となるのが、注目です。

関連記事

  1. 収益認識会計基準-表示・注記事項の改正確認

  2. 2019年3月期 有形固定資産の減価償却方法の変更は26件に

  3. 上場会社の1/3が招集通知発送前のWEB開示を実施

  4. 電子記録債権とは??-表示も気になります(その2)

  5. エナリスのストップ安とその後の会社の反論(会社の見解)を考える

  6. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その1)…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,385,862 アクセス

ページ上部へ戻る