閉じる
閉じる
閉じる
  1. 電子取引制度対象の請求書等を出力保存した場合、「やむを得ない理由」等の…
  2. 届出漏れが原因で不支給となっていた手当は遡及して支払う必要があるか?
  3. KAMの個数は1個が7割超-経営財務誌調べ
  4. 短期前払費用特例適用の留意点
  5. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  6. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  7. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  8. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
  9. 社会保険等で引き続き押印が必要な手続きは何?
  10. 2020年4月~2021年6月に61社が減資関連の適時開示を実施
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会計士協会、有報提出期限の一律延長等を提案

本日付で日本公認会計士協会は「緊急事態制限の発令に対する声明」が公表されました。

この声明では、進行中の3月決算業務及び監査業務について、「当協会会員(公認会計士及び監査法人)からの情報を総合すると、多くの企業において決算業務に重大な遅延が生じている、あるいはその懸念が高まっている」とされ、そのような中、「リモートワークの推進をはじめとする可能な限りの工夫のもとに監査業務を継続してきましたが、こうした方法では対応が困難な業務も多く、監査業務の遂行にも重大な制約が生じて」いるされ、今回の緊急事態宣言により、「企業の決算業務や監査業務に対する制約が更に甚大なものとなることが予想」されるされています。

とはいえ、「信頼のある財務書類が提出されるようにすることが求められ」るため、「企業の決算業務の完了と監査業務の遂行のために、それぞれ十分な時間を確保すること」が必要なことから、「諸外国における措置と同様に、金融商品取引法に基づく有価証券報告書の提出等について、その期限を一律に延長することが可能となる対応及び会社法に基づく定時株主総会の開催時期(特に、計算関係書類の報告期限)についても、一律に延期することが可能となる対応が必要と考えます。」と述べられています。

もちろんリモートワーク等で、あまり支障なく決算業務等が進行できている会社もあるかもしれませんが、多くの会社では普段と大きく異なる状況下での決算作業が行われているのではないかと推測されます。

そのような環境下では、比較的単純なミスも生じやすくなると考えられますので、企業側、監査側双方にとって通常よりもリスクが高くなると考えられます。

そういった意味で、有報等の提出期限の一律延長や、株主総会の開催についても、基準日を改めて設定することなく特別な措置として開催日のみ延期を認めるというような措置が講じられることを望む会社は相当数存在するのではないかと考えられます。

通常のスケジュールでいけば、まさにこれから1~2週間程度が実質的な作業のピークとなる会社が多いと考えられますので、金融庁等が早急に対応してくれることを期待します。当局の立場からすれば、延長申請をすればよい、あるいは基準日の変更によって総会の延期は可能という見解は示されているということかもしれませんが、そうだと従来どおりに何とかやろうする会社が多くなるのではないかという気がします。

果たしてどのような対応となるのが、注目です。

関連記事

  1. イグニスの業績予想修正は株価下落を止める効果があるか?

  2. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示…

  3. フェア・ディスクロージャー・ルールのポイントを確認(その1)

  4. 開示規制違反に関する課徴金納付命令は過去5年で最多

  5. 適時?開示-開示を失念していていただけかもしれません・・・

  6. エナリスで第三者調査委員会が設置-以前の報告書が公表されなかった…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,303,439 アクセス
ページ上部へ戻る