閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

新型コロナウイルスの影響とCAMの記載

経営財務3460号に「米国企業、年次報告でコロナの影響記載」という記事が掲載されていました。

日本のKAMに相当するものが米国ではCAM(Critical Audit Matters)とされていますが、大規模早期提出会社では2019年6月15日以降終了事業年度から適用開始、それ以外の会社では2020年12月15日以降終了事業年度から適用開始となっています。

ちなみに、「大規模早期提出会社」は浮動株時価総額が700百万ドル以上の会社されています。よって、「大規模早期提出会社」の12月決算会社は2019年12月期からCAMの記載が求められており、SECに上場しているCanonの監査報告書にCAMが記載されたという点は以前取り上げました。

経営財務の記事によると、12月決算会社においては、”新型コロナウイルスに関する説明は「今後の動向を注視する」といった状況で、財務諸表に与える影響の記載(財務諸表注記)はこれからであった”とされています。

その後、米国では3月に新型コロナの感染爆発が発生し、ニューヨークでは3月22日に外出禁止令が発令されました。ラルフローレンは、ニューヨークに本社を構える3月決算会社であり、”財務諸表注記(重要な会計方針)に新型コロナの影響に関する記載をし、同社の監査人(EY)もCAMの中で該当注記を引用してどのように対処したかを説明している”とされています。

CAMに記載されているのは以下の3項目となっています。
①シーズン末の値引き引当金(End-of-season Markdown Reserve)
②棚卸資産の実現可能価額の見積り(Estimated Realizable Value of Inventory)
③改訂リース会計基準の適用(Adoption of Accounting Standards Update No.2016-02,Lease)

①の実際の記載は以下の様になっています。

End-of-season Markdown Reserves

(Description of the Mater)
As disclosed in Note 3 of the consolidated financial statements, estimates for end-of-season markdown reserves are based on historical trends, actual and forecasted seasonal results, an evaluation of current economic and market conditions, retailer performance, and, in certain cases, contractual terms.
Auditing management’s estimate of end-of-season markdown reserves was complex and judgmental as reserve amounts are sensitive to changes in market or economic conditions (including the effects of the global pandemic), and have a direct, material impact on the amount of revenue recognized by the Company. There is also significant estimation required to establish markdown reserve rates by brand and customer, which are based on the Company’s review of the seasonal negotiations with each customer and the expected performance of the products in the customers’ stores.

(How We Addressed the Matter in Our Audit)
e obtained an understanding, evaluated the design and tested the operating effectiveness of internal controls over the Company’s process to calculate the end-of-season markdown reserves, including the consideration of historical experience, actual and forecasted seasonal results, current economic and market conditions, (including the effects of the global pandemic), retailer performance, and contractual terms as applicable.
To test the estimate of end-of-season markdown reserves, we performed audit procedures that included, among others, assessing methodologies and testing the assumptions regarding seasonal negotiations with each customer which include the application of market and economic conditions to individual customers and the expected performance of the products in the customers’ stores that were used by the Company to calculate the projected markdown allowances to be issued upon settlement. We compared the significant assumptions used by management to current market and economic trends, historical results and other relevant factors. We assessed the historical accuracy of management’s estimates and performed sensitivity analyses of significant assumptions to substantively test the changes in the estimate that would result from reasonable changes in the assumptions.

業界の慣行等には詳しくないもののアパレル業のイメージから、新型コロナの影響がなくともシーズン末の値引きの引当や在庫の実現可能価額の見積りは、見積の要素が多分に含まれると考えられますし、金額的なインパクトも大きいと考えられますので記載対象となった事項なのだと思われます。業界の慣行等が変化しない限り、来期以降も継続的に記載されそうな項目ですので、新型コロナの影響については括弧書きで” (including the effects of the global pandemic)”として、新型コロナの影響もきちんと考慮しましたということをアピールしつつ、新型コロナ終息後は、この括弧書きを削除するということなのだと思います。

なお、End-of-season Markdown Reservesの注記の記載(一部抜粋)は以下の様になっています。

Estimates for end-of-season markdown reserves are based on historical trends, actual and forecasted seasonal results, an evaluation of current economic and market conditions, retailer performance, and, in certain cases, contractual terms. Estimates for operational chargebacks are based on actual customer notifications of order fulfillment discrepancies and historical trends. The Company reviews and refines these estimates on at least a quarterly basis. The Company’s historical estimates of these amounts have not differed materially from actual results.

新型コロナの影響でKAMの早期適用を見送ったというケースもあるのかもしれませんが、今回の3月決算でKAMを早期適用する会社がでてきた場合、どのような記載がなされるのかにも注目です。

関連記事

  1. 「有限責任監査法人」は一つの単語ではなかったと改めて気づきました…

  2. 公認会計士等の異動に係る適時開示ガイドブックが改正

  3. 平成25年3月期有価証券証券報告書の留意点(その4)-その他の留…

  4. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計…

  5. 25年3月期の見積の変更は76件(71社)

  6. 「比較情報の取扱いに関する研究報告(公開草案)」が公表されました…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,989,351 アクセス
ページ上部へ戻る