閉じる
閉じる
閉じる
  1. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
  2. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認
  3. 採用内定後のバックグラウンド調査と内定の取消-ドリームエクスチェンジ事…
  4. 株式交付制度(その1)-制度概要など
  5. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正
  6. 役員報酬が総会決議枠を超えるミスが散見されたそうです。
  7. プライム市場への生き残りをかけた増配?-明和産業
  8. 東京地裁が示した監査法人脱退時の持分払戻額の算定方法とは?
  9. CPE不正受講、2法人93名処分で終了
  10. 2020年4月期~2021年3月期のGC注記、全体件数横ばいもコロナ関…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象

税務通信3626号の税務の動向に「源泉徴収不要な交通費等の範囲をQ&Aで紹介②」という記事が掲載されていました。このブログでも何度か関連する記事について記載さいていますが、税務通信の記事によると、未だに多くの問合せが寄せられているとのことです。

それだけ、実務上、源泉対象としていないケースがあるということだと考えられますが、今回の記事で掲載されてたQ&A4問です。

その中の一つが「電車代やバス代などのような”少額”な交通費等を会社が負担する場合も、源泉徴収が必要となりますか?」というものです。

これに対する回答は、”「報酬・料金」に該当すれば、少額な交通費であっても源泉徴収が必要となります“というものです。

「会社が、フリーランス等のために負担した旅費・交通費等のうち、交通機関・ホテル等に直接支払うものが源泉徴収不要となる趣旨は、フリーランス等(役務提供者)側で、具体的な旅費・交通費等の金額を把握することができず、事業所得や雑所得の計算が困難になるため」とされており、「電車代やバス代のように”少額”な交通費であっても、「報酬・料金」として源泉徴収を行うことが原則となります」とのことです。

ただし、領収書の発行自体は可能であることが一般的であるため、フリーランス等が「会社宛ての領収書」の発行を受け、精算するのであれば、源泉徴収不要と取り扱って差し支えないとされています。

ここで問題となっているのは、長距離の移動に対する交通費ではなく少額の交通費ですから、領収書の発行が可能であるとしても、そのような領収書を入手するのは現実的でははありません。そうだとすると、例えば、Suicaの利用履歴を印字したものを提出してもらうというようなことで代替できないのかというようなことを考えますが、これは認められないと考えられます。

この点、”タクシーや高速道路の利用など、「宛名のない領収書」を発行することが慣例となっている場合についても、源泉徴収が必要となりますか?”という質問に対し、回答は、”「宛名のない領収書」では、会社が交通機関・ホテル等に直接支払うケースと同視できないため、源泉徴収が必要となります”とされていることから、券売機等から発行された履歴などがあっても、源泉徴収が必要ということになると考えられます。

近距離交通費の源泉を回避しようとするのであれば、SuicaやPasmoを会社が一定額チャージした上で、フリーランス等に供給し、使用履歴と共に回収し定期的に記帳するというようなことは可能かもしれません。

なお、旅費交通費について、「宛名なしの領収書」や「個人宛ての領収書」の原本を受領した場合、フリーランス等側の確定申告で必要経費として処理することは考え難いため、源泉徴収不要と考えることはできないかという質問については、「会社が、領収書の原本を受領していても、会社が交通機関・ホテル等に直接支払うケースと同視できなければ、源泉徴収が必要です」とされています。

当事者間では「立替経費」という認識であり、感覚的には源泉徴収対象としなくてもよいのではないかと考えてしまいそうなものですが、原理原則からすれば逃げ道はあまりない取扱いといえそうですので、対象となる経費が多い会社では注意が必要といえます。

関連記事

  1. 外国人従業員が配偶者が複数いると申告してきたらどうする?

  2. 「学資金」の非課税範囲の拡大とは?-平成28年税制改正

  3. 更生手続等により取得した優先的施設利用権のみとなったゴルフ会員権…

  4. 外国親会社から付与されたストックオプションの行使益ー支払調書に記…

  5. 学生支援機構による「奨学金返還支援(代理返還)」は直接返済で給与…

  6. 多数回かつ頻繁に馬券を購入しているも的中率低く雑所得と認められず…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,422,682 アクセス
ページ上部へ戻る